米カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁は18日、連邦準備理事会(FRB)の金融政策余地が限られる環境において「予防的」な緩和政策は金融不安定化を招く恐れがあるとし、追加利下げは必要ないとの見解を示した。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート