キヤノン(7751)が期末配当の「減配」を発表し、30期以上続く”非減配”がストップする見通しに!
キヤノンは2020年12月期の期末配当を「1株あたり40円」と発表した。
これにより、2020年12月期の予想配当は「1株あたり80円」となり、前期比「80円」の減配となる見通しで、配当利回り(予想)は4.47%となった。
キヤノンは今回、配当予想とともに業績予想の修正
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート