[ロンドン 19日 ロイター] - 暗号資産(仮想通貨)の一種であるステーブルコイン最大手の「テザー」の発行主体は19日、裏付け資産として米国債の保有を増やし、リスクが高めの資産を減らしたと明らかにした。
別のステーブルコイン「テラUSD」のドルと1対1のペッグ(固定)が先週に崩壊し、仮想通貨市場に動揺が広がったことから、価格が安定する
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート