米サイバーセキュリティー企業のマンディアントは19日、ロシア軍がウクライナに侵攻した数週間後、ウクライナのボロディミル・ゼレンスキー大統領が自殺したという偽情報をロシア側の工作員が流していたと伝えた。
国民の士気を低下させ、ウクライナ政府を弱体化させることを狙った情報作戦の一環と位置付けている。
マンディアントによると、ほかにもウ
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート