[東京 20日 ロイター] - 総務省が20日に発表した4月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は101.4と、前年同月比2.1%上昇した。
携帯電話通信料の大幅値下げに伴う下押し圧力が剥落し伸び率は前月の0.8%から急拡大、2015年3月以来の大きさとなった。
生鮮食品を除く食料も押し上げにつながった。
日銀が政策目標と
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート