米議会を通過した400億ドル(約5兆1000億円)規模のウクライナ支援法案について、バイデン米大統領が訪問先の韓国で署名を行うことがわかった。
当局者が明らかにした。
法案の文書は韓国に空輸されることになる。
法案成立には大統領の署名が必要となる。
バイデン氏は19日午後、韓国ソウルに向けて出発した。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート