F-35B艦載強襲揚陸艦が南シナ海初航行 
2019-04-10 05:00:00  東京の郊外より 
海兵隊のF-35軽空母推進構想の具現化通常の倍の10機を搭載し米海軍が空母削減方向の中で3月末、米海兵隊の強襲揚陸艦「Wasp」が「航行の自由作戦」の一環として南シナ海を通過してフィリピンに入港したようですが、初めて垂直離着陸型F-35Bを搭載して同海域を通過し、更に通常の倍の10機を搭載して同作戦を行ったことで、米海兵隊が2017年に掲げた「Lightning Carrier」構
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート