防衛省の昨年度の決算をめぐり、林官房長官は、支出の必要がない「不用」となった額が1300億円程度になる見通しを明らかにしました。
歳出全体に占める比率は例年に比べて高くはないとしつつ、今後も予算の効率的な執行に努めていく考えを示しました。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート