アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設工事をめぐり、農林水産大臣が出した指示について審査している国の第三者機関の会合に沖縄県の玉城知事が出席し、自治体の自主性を著しく制約するものだとして、指示の取り消しを求めました。
これに対し国は、サンゴを守るために必要な指示で妥当だと反論しました。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート