飲酒によって意識がもうろうとなっていた女性に性的暴行をしたとして、準強姦罪に問われた福岡市博多区の会社役員、椎屋安彦被告(44)に対し、福岡地裁久留米支部は12日、無罪(求刑・懲役4年)を言い渡した。
判決で西崎裁判長は、「女性はテキーラなどを数回一気飲みさせられ、嘔吐(おうと)しても眠り込んでおり、抵抗できない状態だった」と認定。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート