無人機含む空中戦を支えるAI開発本格化 
2020-05-22 05:00:00  東京の郊外より 
18か月間の「phase 1」開始4つの分野に分け担当企業と契約6日、米国防省の研究開発機関DARPAが取り組む空中戦に人工知能を活用するプロジェクトACE(Air Combat Evolution)の担当企業の一つに、「Dynetics」が選ばれたと同社が発表しました。
昨年5月、DARPAが説明したACE構想によれば●空中戦を中心とした航空作戦全般に人工知能AIを導入し、操縦者の負担を軽減して他の大局的
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート