AC-130用レーザー兵器の企業地上試験終了で空軍へ提供 
2021-10-21 05:00:00  東京の郊外より 
当初は2019年末までに搭載実用化予定だったが今後空軍で機体システムとの融合や地上試験を経て飛行試験へ10月6日、米空軍特殊作戦軍のAC-130に搭載予定のレーザー兵器(HEL:High Energy Laser)を開発中のロッキード社が、米空軍による受領試験を突破したと発表しました。
ロッキードの担当副社長が、「米空軍による受領検査の終了は、極めて大きな節目である」、「こ
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート