B-1爆撃機早期退役でB-21推進検討 
2019-10-09 05:33:06  東京の郊外より 
アフガンでの低速中高度飛行多数で機体が疲弊稼働率向上には多額な経費が必要な可能性大9月17日、Goldfein米空軍参謀総長はAFA航空宇宙サイバー会議での記者会見で、保有機60機に対し稼働機数が「一桁」に落ちていると報じられたB-1爆撃機について触れ、稼働率向上のためにどれほどの予算が必要で、米空軍として今後B-1爆撃機をどのように扱うのが適当かを分析検討し
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート