6年経過も未決着の米空軍警戒監視レーダー選定 
2020-05-21 05:00:00  東京の郊外より 
2度選定をやり直して決定した企業にダメ出し排除豪州企業も含む3社にデモ装置作成させ評価へ語るに切ないグダグダ選定です11日、米空軍は旧式の「AN/TPS-75」地上配備型警戒監視レーダーの後継機種選定のため、3つの企業にそれぞれ約5500万円を供与してデモ装置を9月末までに製造させて評価し、年末までに契約企業を選定すると発表しました。
なおこの機種選定は、
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート