2050年までに温室効果ガスの排出量を全体としてゼロにするという目標の達成に向けて、環境省は、地域の排出削減につながる事業を自治体が認定し、予算や制度面で優遇する制度の導入を検討していることが分かりました。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート