スウェーデンの富裕層減税とナショナリズム 
2019-04-12 08:01:40  新世紀のビッグブラザーへ 
株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。
チャンネルAJER更新しました。
『フィリップス曲線の崩壊(前半)』三橋貴明
AJER2019.3.25https://youtu.be/JAX009gvrrk◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
平成政治からの決別を!
反・緊縮財政、
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート
スウェーデンが混乱しています。「格差問題・移民問題」が深刻化し、反グローバリズム勢力(民主党)が躍進しました。しかし政治的な基盤が弱いために、高所得者向け減税という「意味不明な」政治的妥協を強いられているのです。もはやスウェーデンは、福祉優先… 2019/04/18 12:44:50
日本の近代化(明治)以降、朝鮮半島・台湾の統治と、「天皇陛下万歳」を言いさえすれば誰もが臣民であり、陛下の赤子(せきし)とされた皇民化政策を礼賛し、アジア人とともに大アジアの理想を追求した戦前の右翼にも戦後の右翼にも本当の意味でのナショナリズムは見出し難いのではないか。 2019/04/20 17:16:05
多分超インテリの白人の人達なのか何なのかよく分からないのですが、日本はグローバリズムで常々世界の文化を親しみ生活に取り入れなければならない位の強迫観念に近いノリがあるのですが、時代の最新に更新出来てなくて良いナショナリズムというかローカリズム、こっちにも同時に移行すべきなのです。 2019/04/20 17:15:58
悲嘆はスピリチュアリティの重要な側面でもある。宗教や民俗文化が悲嘆ケアを担うと感じられた時代もあった。ゴーラーの『死と悲しみの社会学』はそこに焦点を当てている。だが、ナショナリズムや戦争などの濃密な集合的経験もグリーフケアの文化に深く関わっている。… 2019/04/20 17:14:55
同意なしの性行為をレイプとする国は、西欧諸国ではスウェーデンのほかには、英国、アイルランド、ベルギー、キプロス、ルクセンブルク、アイスランド、ドイツだそうです。スウェーデンの事例は1つのモデルとして考えることができるかと思いますが、こうしたこ… 2019/04/20 17:25:06