年末までに行う安全保障関連の3文書の改定で、松野官房長官は、弾道ミサイル攻撃などに備え、自衛隊施設の地下化や国民保護に役立てるための検討を進めていることを明らかにしました。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート