米陸軍の極超音速兵器部隊が実ミサイル以外を受領 
2021-10-18 05:00:00  東京の郊外より 
本格開始の発射試験準備と並行して部隊づくり早速VRトレーニングで部隊運用準則TTP準備へ2023年中の部隊配備を目指し懸命の努力7日付及び12日付Defense-Newsが、米陸軍が進める極超音速兵器(LRHW:Long-Range Hypersonic Weapon:通称「Dark Eagle」)開発と部隊準備について紹介し、実ミサイルを除く地上機材や模擬ミサイルキャニスター等がワシントン州の部隊に配備完了し、2023年
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート