自民党安倍派の政治資金パーティーをめぐり、派閥の収支報告書に虚偽記載した罪に問われている会計責任者の裁判が開かれました。
会計責任者は、一度は中止の方針が示されたキックバックについて、再開を求めたとされる「ある幹部」や「ある議員」の名前を検察から問われましたが答えませんでした。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート