米海兵隊F-35Bが英空母に展開運用へ 
2019-05-14 05:00:00  東京の郊外より 
実態は英海軍のF-35B調達遅れを穴埋め35機搭載可能なのに最大24機しかない悲しい現実7日付Military.comは、米海兵隊幹部による発言として、2020年末に運用態勢を確立予定の英空母クイーン・エリザベスに、米海兵隊のF-35Bが2021年に同空母に展開して行動すると報じています。
同空母は2017年春に進水し、2018年夏から秋にF-35B搭載試験を米東海岸沖で3機の英軍F-35Bで開始し、2
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート
独の航空母艦、グラーフ・ツェッペリンさんは赤城さんと英のフューリアスさんを参考に作られています。ミッドウェーで4隻空母を失い戦力回復のために日本はグラーフ・ツェッペリンの購入を打診しましたが独に拒否され、代艦としてシャルンホルストこと神鷹を購入しました。 2019/05/23 12:30:05
Ⅾ「ミネラルウォーターって軍艦の名前っぽくないですか」 渋「例えば?」 Ⅾ「仏海軍 巡洋艦ボルヴィック」 渋「おお…」 Ⅾ「米海軍 空母クリスタルガイザー」 渋「確かに…」 Ⅾ「でしょう?英海軍 駆逐艦コントレックス、独フリゲート艦ゲロルシュタイナー、海上自衛隊 護衛艦いろはす」 2019/05/23 10:30:27