米大型軍事衛星打上はあと6回で露製エンジン依存脱却 
2021-06-07 05:00:00  東京の郊外より 
2014年のウクライナ危機で表面化した情けない状況露エンジン使用後はSpaceXやBlue Originロケットへ5月26日、米宇宙軍NO2のDavid Thompson中将が上院軍事委員会の戦略小委員会で証言し、2014年のウクライナ危機で表面化した米軍事衛星打ち上げのロシア製ロケットエンジン依存状態について、あと6回の打ち上げで露製エンジン使用は終了できると説明しました米軍の大
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート