河野外務大臣は、日本時間の11日夜、訪問先のスウェーデンで、イランを訪問したばかりのドイツのマース外相と会談し、最新のイラン情勢について意見を交わしたうえで、中東地域の平和と安定のためには緊張緩和が必要だという認識で一致しました。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート
イラン最高指導者と会談 安倍総理 アメリカとの「緊張緩和」促す ・安倍総理 >「軍事衝突は誰も望んでいない」 >アメリカとの対話に応じるよう働きかける ・ハメネイ氏 >「核兵器を製造も保有も使用もしない」 >ツイッターにて「トランプ氏は意見交換するに値しない人物だ」 (続く) 2019/06/14 06:30:56
第2次伊藤内閣で外務大臣に就任。 明治27(1894)年、英国と日英通商航海条約を締結。 幕末以来の不平等条約である治外法権の撤廃に成功する。以後、米独伊仏国とも同様に条約を改正した。陸奥外相時代には不平等条約を結んでいた全15ヶ国との条約改正(治外法権の撤廃)が成し遂げられた。 2019/06/15 11:22:13
アベがイラン訪問中に日本タンカーが攻撃を受けイラン戦争の危機が高まるって、太平洋戦争直前、アベの遠縁の外相・松岡洋右が同盟国ドイツ・イタリアを訪問し、その帰りに突如モスクワでスターリンと抱擁し日ソ中立条約を結び、その2ヶ月後に独ソ戦争が始まるという、超バカ外交の再現ですね。 2019/06/14 11:25:23