新人教育、導入教育 ビジネスに役立つおすすめの入門書、専門書,を紹介します。書籍を読んで効率的に知識や情報を習得しましょう。  

新人教育、導入教育の本、入門書、専門書,マニュアル,関連書籍の紹介,評価,安売り価格


書籍



新人教育、導入教育
伸びる新人は「これ」をやらない!

新品価格 ¥ 1,650

中古価格 ¥ 1,261 残り7個

発売元:すばる舎  発売日:2019-08-11
  

新人教育、導入教育
新・日本列島から日本人が消える日(上巻)

新品価格 ¥ 1,650

中古価格 ¥ 1,112

発売元:破・常識屋出版  発売日:2019-06-15
  

新人教育、導入教育
新社会人の英語 若手社員がビジネスで最低限必要な英会話表現・英文Eメールテンプレート (CDつき・Eメールテンプレートダウンロードつき) (今すぐ使えるビジネス英語表現シリーズ)

新品価格 ¥ 2,288

中古価格 ¥ 1,479 残り7個

発売元:クロスメディア・ランゲージ(インプレス)  発売日:2019-04-19
  

新人教育、導入教育
社会人1年目の教科書 「伸びる人」の習慣 「伸びない人」の習慣

新品価格 ¥ 1,518

中古価格 ¥ 958 (定価の36%引き) 残り7個

発売元:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)  発売日:2019-03-01
  

新人教育、導入教育
これ1冊でOK! 社会人のための基本のビジネスマナー

新品価格 ¥ 1,100

中古価格 ¥ 854

発売元:ナツメ社  発売日:2019-02-14
  

新人教育、導入教育
コミュ力ゼロからの「新社会人」入門 仕事の不安がスッキリ解消! 厳選メソッド49

新品価格 ¥ 1,650

中古価格 ¥ 16

発売元:インプレス  発売日:2019-01-18
  

新人教育、導入教育
2019 新入社員基礎講座

新品価格 ¥ 1,100

中古価格 ¥ 1,875 残り6個

発売元:産労総合研究所 出版部 経営書院  発売日:2018-10-31
  

新人教育、導入教育
そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!

新品価格 ¥ 1,650

中古価格 ¥ 450

発売元:アニモ出版  発売日:2017-07-12
  

新人教育、導入教育
入社1年目ビジネスマナーの教科書

新品価格 ¥ 1,000

中古価格 ¥ 807

発売元:プレジデント社  発売日:2017-03-28
  

新人教育、導入教育
新入社員から社長まで ビジネスにいちばん使える会計の本

新品価格 ¥ 1,200

中古価格 ¥ 387

発売元:ダイヤモンド社  発売日:2016-04-22
  

新人教育、導入教育
新入社員の基本がわかる86のルール

新品価格 ¥ 1,512

中古価格 ¥ 90

発売元:ダイヤモンド社  発売日:2013-01-19
  

新入社員は読むべし! 評価
新入社員向けに書かれた本ですが、社員教育担当者の手引書としても参考になる本です。
難しいことは書いてありませんが、この本に書かれている通りにやったら、社内で頭角を現すのに時間はかかりません。
著者が長年社員研修の現場で培われてきたものが分かりやすく表現されていると思います。
新入社員には、入社前に読ませておくのもいいかもしれません。

新人教育、導入教育
入社1年目の教科書

新品価格 ¥ 1,520

中古価格 ¥ 14

発売元:ダイヤモンド社  発売日:2011-05-20
  

学校の成績が良かった「優等生」こそ読むべき、社会の処世術をまとめた良書。 評価
この本のタイトルは「入社1年目の教科書」ですが、学校を卒業して社会人となっている全ての人が読む価値がある「処世術」がわかりやすく紹介されています。
特に、学校(大学でも高校でも中学でも小学でも)での成績が良かった「優等生」にこそ読んでほしいと思いました。
「優等生」が社会人になった場合に陥りやすい間違いについて詳しく述べられており、「学校では良しとされる行動でも、社会ではマイナスに働く」良い例が随所に出てきます。

誰でもできる、誰にもできていないこと。 評価
工場の現場、レストランの厨房、外資系コンサル、軍隊、官庁、学校の班活動・・・、もちろん普通のサラリーマンでも、「みんなができないといけなくて、ちょっとした意識でできるのに、なかなかできていない基本のこと」が、ぎゅっと凝縮されている、まさに「教科書」。
内容はいたって地味、深い話もすごいエピソードも無い。

新人教育、導入教育
働く君に贈る25の言葉

新品価格 ¥ 842

中古価格 ¥ 44

発売元:WAVE出版  発売日:2010-10-21
  

いい本です 評価
「運命を引き受け、人を愛しなさい。
それが、自分を大切にすることです。
」本屋の新刊コーナーでこの本を手に取って、この巻頭言を読んだ時、「一番大切な心の持ち方を、なんとシンプルな言葉で表現している人なんだろう!」と、とても心引きつけられました。
読み終え、素晴らしい本だと思いました。
病気からうつ病を併発した妻と自閉症の長男を抱える筆者に、次々と困難が容赦なく襲いかかります。
何度もあった単身赴任と妻の自殺未遂。
しかし、その過酷な運命も、仕事を徹底的に効率的に進めるためにはどうしたらよいのかを必死に考えることで、乗り切っていきます。

愛と優しさに満ちているからこそ 評価
著者である佐々木常夫さんは、最近たくさんの本を出されています。
私には、それが営利のためとは思えません。
日本の社会をこれから支えていく若者たちに、しっかりとした自らの経験から、少しでも役に立つならと、愛と優しさをこめて文章を綴ってらっしゃるように思います。
だからこそ、20代の私の心にすっと入り込み、涙を流させるのだと思います。
私には、特定の上司がいません。
100人超いる職場の人間を相手に、たった一人の専門職として、職務を全うしていかなくてはならない特殊な仕事をしています。
気楽でいいね、と思われがちですが、情報からは漏れやすく、いざという時に責任をとってくれる上司もおらず、仕事のノウハウを親身に指導してくれる人もいません。



PART_SPRAY_LINK

ホーム:よろしーく Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加