SCM、サプライチェーンマネージメント ビジネスに役立つおすすめの入門書、専門書,を紹介します。書籍を読んで効率的に知識や情報を習得しましょう。  

SCM、サプライチェーンマネージメントの本、入門書、専門書,マニュアル,関連書籍の紹介,評価,安売り価格


入門書
SCM、サプライチェーンマネージメント
この1冊ですべてわかる 需要予測の基本 SCMとマーケティングを劇的に変える

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 2,776 残り5個

発売元:日本実業出版社  発売日:2018-02-08
  

SCM、サプライチェーンマネージメント
この1冊ですべてわかる SCMの基本

新品価格 ¥ 1,836

中古価格 ¥ 1,700 残り4個

発売元:日本実業出版社  発売日:2017-11-23
  

SCM、サプライチェーンマネージメント
スッキリわかる Java入門 実践編 第2版 (スッキリシリーズ)

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 2,389

発売元:インプレス  発売日:2014-09-22
  

SEになって、Javaで開発するけど、何をすれば良いのか悩んでる方によい本だと思います 評価
入門と入門実践編の2つを購入させていただきました。
2つを読み終えて、まったくSEという仕事もわからずに入社して、2ヶ月やった会社研修の内容よりも、この2冊をその2ヶ月みっちりやったほうが、研修後の現場(Javaを使う現場)についてから、入社1年目にどれだけ役立っただろうと思います。
なので、これからSEとしてJavaの開発現場でやっていく入社1年目の社員やこれからJavaを使った開発現場で、最低限知らなければいけないことはなんだろうと悩んでる方、先輩に聞いたりしてるけど、理解できるような納得した回答をしてくれないと感じている方、逆に後輩にどう教えたらいいだろうと悩んでいる方、読んどいて損はないかなぁと感じました。

たぶんこれ以上にわかりやすい本はないと思う。 評価
いくつか入門書を買いあさって、わかったようなわからないようなを繰り返してきたけど、この本を読んだら、たしかにいろいろなことがッキリした。
よくわかるというよりも、初心者でもわかるところは丁寧に説明して上級者じゃないとわからないことは、バッサリやっていてバランスが良い。
JUNITの説明も、ごちゃごちゃせずに、初歩的な書き方だけをきちんと教えてくれて、高度な機能はバッサリ説明をやめているので、潔くとても分かりやすい。
ほかの言語の達人とかでなければ、普通の人にとって、たぶんこれ以上の入門書は、今のところ存在しないと思う。

SCM、サプライチェーンマネージメント
生産管理のべからず89 (オシゴトべからずシリーズ)

新品価格 ¥ 22,893

中古価格 ¥ 12,009 残り1個

発売元:日本能率協会コンサルティング  発売日:2013-02-01
  

内容紹介 
"オシゴトべからずシリーズ 第3弾"の本書は、生産管理の入門書として、生産管理の基本的な事項について、「~するべからず」調でわかりやすく簡潔にまとめています。
全ての項目について、「やってはいけないこと」の後に「どうすべきか」を記載してありますので、より理解を深めていただけると思います。
最初から通して読んでいただければ生産管理全体を理解していただけますし、ご自身の業務にかかわる項目だけを読んでいただいても理解が進むよう、1項目ずつ見開きで完結した構成にしてあります。

出版社からのコメント 
見込み生産も個別受注生産もこれ1冊でO.K.! 生産管理で「やってはいけないこと」を知って「やるべきこと」を実現しよう!

SCM、サプライチェーンマネージメント
スッキリわかるJava入門 実践編

新品価格 ¥ 9,964

中古価格 ¥ 990

発売元:インプレス  発売日:2012-09-14
  

入門書を読み終えた次の一冊に 評価
Javaの入門書を読み終えた次の一冊にお勧めです。
Javaの入門書として基本的な文法やオブジェクト指向を解説した本を読み終えた後、ステップアップを目指して次の本を読もうとしてもプロフェッショナル向けな洋書の訳本など敷居が高い。

という自分のような人間にとってはかなり役立つ本です。
日本人が日本人向けに書いているのでとにかく読みやすい。

著者について 
●著者略歴 中山清喬(なかやま・きよたか) 株式会社フレアリンク代表取締役。
IBM 内の先進技術部隊に所属しシステム構築現場を数多く支援。
退職後も研究開発・技術適用支援・教育研修・執筆講演・コンサルティング等を通じ、「技術を味方につける経営」を支援。
現役プログラマ。
講義スタイルは「ふんわ りスパルタ」。
●イラストレータ略歴 高田ゲンキ(たかた・げんき) イラストレーター/神奈川県出身/ 1976 年生。
東海大学文学部卒業後、デザイナー職を経て、2004 年よりフリーランス・イラストレーターとして活動。
書籍・雑誌・web・広告等で活動中。

SCM、サプライチェーンマネージメント
図解でわかる在庫管理 いちばん最初に読む本

新品価格 ¥ 1,728

中古価格 ¥ 1,224

発売元:アニモ出版  発売日:2012-02-14
  

図が多く、読みやすい! 評価
本の表紙と、在庫管理というテーマから、難しいイメージがありましたが、この本は図が多く、とても読みやすいです。
図が多いだけで、中身が薄いということも無く、丁寧に説明されています。
「在庫」って何だろう?なぜ在庫管理が必要なんだろう?どんな管理のしかたがあるんだろうか?そういった基本的な疑問に対して、わかりやすく説明されています。
在庫管理に携わる経営者、担当者さんまずはこの本を読んでみることをお勧めします。

内容紹介 
◎「在庫」は利益の源泉であると同時に、損失をもたらすものでもあります。
お金に換えられない在庫が大量に残れば、倒産につながることさえあります。
そこで、必要となるのが、「在庫管理」です。
◎本書では、在庫管理の必要性と基礎知識から、在庫管理の方法、適正在庫の決め方、在庫コストの削減のしかた、そしてECR、3PL、SCMなどの新しい在庫管理の考え方までを、図解とわかりやすい解説でやさしく手ほどき。
◎製造業・流通業などの在庫担当者や経理担当者はもちろん、経営改善に取り組んでいる中小企業の経営者や、在庫について学ぼうとしている新入社員や学生さんにも最適の入門書です。

内容(「BOOK」データベースより) 
しくみと基礎知識からコスト削減、経営戦略まで、これならやさしく理解できる。

SCM、サプライチェーンマネージメント
図解 なるほど!これでわかった よくわかるこれからのSCM (DO BOOKS)

新品価格 ¥ 1,836

中古価格 ¥ 9

発売元:同文館出版  発売日:2010-05-29
  

SCMの展望がわかる! 評価
SCMについて円高のこの時代をどう乗り切るかが具体的によくわかる本です。

SCMの雰囲気は分かる。 評価
ただそれだけ。
実務で使えるとは思えなかった。
学生向き。
2000円弱の価値があるかやや疑問。
良いところは読みやすいこと。
さすがコンサル出身だけあって文章力はある。

SCM、サプライチェーンマネージメント
図解入門ビジネス最新SCMの基本と仕組みがよ~くわかる本 (How‐nual Business Guide Book)



中古価格 ¥ 394 残り8個

発売元:秀和システム  発売日:2010-03-15
  

「SCMなんぞや」の理解には助かる 評価
「SCMってこんなに重要で、そしてこんなに大変なことなんですよ」一冊通してとにかくこれを伝えたいらしい。
とても参考になったのは、ERPシステムとSCMシステムを比較して、両者の違いを企業活動における役割という切り口で説明しているところ。
「よく分からないけど、ERPが経理とかお金系で、SCMが部品とか、在庫系でしょ」という程度の認識の人には、知識の整理に役に立つと思います。
ERPはパッケージ化されてるのに、SCMがパッケージになってない理由も分かる。
もっと知りたかったのは、やはりSCMシステムの実現方法。
一冊通して散々「SCMってこんなに難しい!」といっておいて、目からウロコといえる解決策を提示してくれません。

SCM、サプライチェーンマネージメント
入門Git



中古価格 ¥ 847

発売元:秀和システム  発売日:2009-09-24
  

楽しくGitを学べる本 評価
半年ほどGitを使って、Gitについてはある程度手に馴染んでからこの本を読みました。
この本では、Gitをインストールして独りで使う場合から、リポジトリを用意して複数人で作業する場合、そして作業を間違ってやり直す場合など、様々なケースについて具体的な例を伴って詳しく説明されています。
また説明についてはそれぞれ、「何故そのような設計になっていて、各コマンドは何のために用意されているのか」という視点から書かれているので、なんとなくな理解で過ごしてしまいがちな状態やコマンドもきちんと理解することができます。
リファレンス的に機能が網羅されているという内容ではないので「とりあえずGitを使うための入門書」としては少し説明が難しい部分もあるかもしれませんが、「Gitを使ってトラブルなくコードを育てるための入門書」あるいは「GitとGitの作法に関する入門書」として、楽しくGitを学ぶことのできる本です。

SCM、サプライチェーンマネージメント
この1冊ですべてわかる 物流とロジスティクスの基本

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 200

発売元:日本実業出版社  発売日:2009-01-22
  

物流→ロジスティクス→SCM 評価
現在、顧客の物流再構築のための取り組みを行っているので参考になると思い購入したが、今までのロジスティクス関連の本からは習得しがたかった物流・ロジスティクス・SCMの関係と違いがとてもわかりやすかった。
今までも著者の本は読んだことがあったのだが、今回の内容は非常にわかりやすかったように思う。

文章は平易だが内容は充実。物流・ロジに関わる人は読んで損はない 評価
物流管理、ロジスティクス、SCMとは何かを丁寧に解説していき同時にそれらの違いを明確にしてく。
また企業の中でそれぞれがどういう位置づけであり、その部門が何をなす事が企業にとってメリットをもたらすのか、また行う事にどういう意味があるのかなど非常に分かりやすく記載されていている。

ロジ入門に最適! 評価
本書を読むまで「ロジスティクス」=「物流」とわかったつもりでいましたが、「ロジスティクス」>「物流」:物資の調達・保管・補給を意味し、そのしくみの出来が企業経営を左右するということを気づかせてくれた1冊でした。
また、全体的にロジ業務について、「As Is」と「To Be」がわかり易く記述されていたので、とても読みやすく、すんなり頭に入って来ました。

SCM、サプライチェーンマネージメント
図解 SCMのすべてがわかる本

新品価格 ¥ 8,623

中古価格 ¥ 350

発売元:日本実業出版社  発売日:2008-06-19
  

計画業務を中心にサプライチェーン・マネジメントを紹介 評価
マネジメントにはPDCAサイクルがあり、すべからく計画が大事にも 関わらず、SCMの現場では実行業務や会計数字、システム構築に注目 しがちです。
このため、本書では、計画業務を中心にSCMを紹介しています。
経営コンサルタント視点でのSCMと言えば分かりやすいでしょうか。
テーマ単位に見開きで書かれており、読みやすい。
興味深かったのは、「(需要予測と)販売管理とSCMは分離すべき」 との指摘。
確かに、決めやメンツが大事な販売計画が絡む部分は、 下方修正が行われにくいですからね。
その他、実務や経験に基く内容が豊富にあります。

これからSCMを構築します 評価
精密機器メーカーでこれから、グローバルにSCMを 構築します。
シンプルなシステムで十分だというメッセージ、 SCMは業務実行ではなく”マネジメント”だというメッセージ、 心に響きます。
最後の導入ステップがあるところと、 「紐解き」がある点で、驚きとともに、 読む価値を感じさせます。
実際に何件もSCMを構築してきたからこそ なんでしょうね。

SCM、サプライチェーンマネージメント
この1冊ですべてわかる コンサルティングの基本

新品価格 ¥ 1,400

中古価格 ¥ 354

発売元:日本実業出版社  発売日:2008-05-10
  

就活するなら読むべき本 評価
コンサル業界を志望しているので、すでに内定とってる先輩に教えてもらった本。
コンサルがどんな仕事をしているのか、どんな思考方法・分析手法をとっているのかが理解できて、非常に良かった。
といっても、この本に書いてるのはあくまで基本なんだろうけど、これからの就活で活かしていけそうなことばかりだった。
コンサル志望以外でも就活するなら読んで損はない本だと思う。

より深い質問ができる 評価
志望業界のひとつだったので、この業界を特集した本や記事はいくつか読みましたが、その中でもっとも秀逸な本だと僕は思います。
大前研一さんや勝間和代さんを筆頭に、コンサルタントの手法は本当にたくさんの本で紹介されているのだけれど、これまできちんとわかっていなかったコンサルタントの仕事の実態をわかりやすく書いてくれていました!

SCM、サプライチェーンマネージメント
PLM入門―CRM、SCMに続く新経営手法

新品価格 ¥ 14,749

中古価格 ¥ 136 残り9個

発売元:日本能率協会マネジメントセンター  発売日:2003-05
  

PLMがきちんと理解できる良書 評価
PLMは今あちこちで注目されている概念であるのに、なぜ適当な本がほとんど出ていないのだろう?..と思っていたところにこの本を発見。
「入門」というタイトルだが薄っぺらな説明ではなく、(あの有名コンサルティングファームが出した本のせいか)エッセンスが網羅されている。
ポイントがわかりやすく、決して期待を裏切らない一冊だと思う。

おすすめの一冊 評価
読んでみて、絵も多く、非常に分かりやすい。
導入にあたっての留意点など具体的な事例が豊富。
PLMについて非常にテクニカルな内容の本も多いが、これはPLMを初めて正面から捉えられた秀逸の本である。
製造現場の人のみならず、情報システム部門、経営企画部門、マーケティング部門等、広く商品開発に関わる人におすすめの一冊であると思う。

SCM、サプライチェーンマネージメント
図解入門塾 すぐわかる!SCM―eビジネスはSCMを中心にMtoMへ



中古価格 ¥ 1

発売元:かんき出版  発売日:2001-03
  

SCM初学者は読むべし 評価
この研究を始めたときに読んだ本ですすごくわかりやすくSCMの仕組みが分かりましたこの本を基礎としさらにいろいろな本を読めばいいと思います特に院生や学部生が研究をする入門書として最適な書籍です

図解がGOODです 評価
SCMが注目される理由、各業界の課題、必要性、SCMの仕組み、構成するソフトウエア、SCM実践のポイント、SCMの理論、今後の発展の方向という内容です。
雰囲気的には、情報システム屋さんが、入門書として読むような印象です。
見開き1ページで、左ページが説明、右ページが図と説明、といった構成です。
図がGOODでした。
図解関係の本の図は、本文の内容を要約した図ばっかりの場合が多いですが、この本は、違います。
本文の内容を補強したり、新しい情報を提供するところがGOODでした。
図もポイントもわかりやすい本でした。

SCM、サプライチェーンマネージメント
MES入門―ERP、SCMの世界と生産現場を結ぶ情報システム



中古価格 ¥ 5,889 残り9個

発売元:工業調査会  発売日:2000-04
  

確かな内容 評価
 広い層に読まれる本ではないと思う。
MESって何?というのが大半であろう。
しかし、この手の技術について日本のレベルは決して低くないにもかかわらず、こういったテキストは驚くほど少なく、プアーである。
 学問的で、現場で即効性に欠ける本も多い。
本書は、今流行の小説風の場面を用意し、そこでの会話を読者が聞きながら、重要なことが学べるようになっている。
大変質の高い良書であると思う。

製造の再建に有用です。 評価
90年代に、米国は製造を強化したことで、再生したと考えられます。
日本もバブルの間にものつくりに大きく遅れをとったように思えます。
あらためて、見直すキーワードはMESといってもいいでしょう。
いつのまにか、製造の専門家や知識が離散したかもしれませんので、この本のようなわかりやすい本が、再勉強にうってつけでした。



マニュアル
SCM、サプライチェーンマネージメント
「見える化」仕事術

新品価格 ¥ 1,555

中古価格 ¥ 200

発売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン  発売日:2008-12-20
  

実務的で使える見える化のノウハウ本 評価
著者のファシリテーターとしての実績と経験とが詰まったノウハウとしての実用的な内容となっている。
この種の本にありがちな体系化とつじつま合わせに気を使った自己目的化した内容とは一線を画しており、応用にも耐えうる内容に好感が持てる。
事例にはその場面が臨場感を持って説得力がある。
仕事の能率化、効率化を即時性を求める人には効果が期待できる。

「見える化」を見える化する良書 評価
『思考のボトルネックを解除しよう!』の著者の最新作。
前作に引き続いてなかなか参考になる本だった。
内容的にはかなり簡単で読みやすいものだったが、よく使われる「見える化」という言葉について、改めて自分の理解のなさに気づかされた。
よく言われる「見える化」は、著者の言う初級編、つまりルーチン仕事のみえる化だ。
チェックリストやマニュアルを利用して、誰がやっても同じアウトプットができるようにということが主だけど、実は「見える化」はそれだけにとどまらず、思考の見える化(思考内容、思考プロセス)、計画・実行の見える化(PDCA)まで視野に入れるものだった。




SCM、サプライチェーンマネージメント
ロジスティクス・SCMの実際―物流の進化とグローバル化―

新品価格 ¥ 2,376

中古価格 ¥ 4,752 残り2個

発売元:晃洋書房  発売日:2018-07-01
  

SCM、サプライチェーンマネージメント
サプライチェーン・マネジメント概論: 基礎から学ぶSCMと経営戦略

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 6,048 残り5個

発売元:白桃書房  発売日:2017-05-12
  

SCM、サプライチェーンマネージメント
戦略的サプライチェーンマネジメント ―― 競争優位を生み出す5つの原則

新品価格 ¥ 3,240

中古価格 ¥ 1,257

発売元:英治出版  発売日:2015-02-03
  

網羅的です。 評価
SCMの実務についているわけでも、製造業で働いているわけでもない者です。
顧客のビジネス理解のため、以前から腑に落ちるSCMの入門書を探していました。
これまで国内のSCM入門書であったものは、キーワードごとに解説がされているものが多く、何となくこの言葉はこういう意味なんだな、と理解はできても、実際に何をどうするのか、ということがピンと来ないものが大半でした。
本書は、タイトルに惹かれ購入したものの、私のような門外漢向け入門書と言えるものでらありませんが、そもそもSCMとは何を狙い、どうPDSしていくのかという勘所を掴むには、十分得るもののある書と思います。

巻末の「詳細目次」が便利で有難い 評価
サプライチェーンという言葉が流行りだしてから20年ぐらいは経過しただろうか。
最初題名を見たとき、「なぜ今更サプライチェーン?」とも思ったが、『ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か』 (エリヤフ・ゴールドラット)はもはや古典化し相変わらず売れ続けているし、よく考えるとSCMという言葉は他の3文字流行言葉とは違い企業経営における基本用語として定着してきたのかなとも思う。
本書はサプライチェーンプロセスを記述、評価するための共通言語としてのサプライチェーン運用参照モデルSCORの開発に携わった著者によるベンチマークをベースとした最新の事例集であり、コンサル会社による教科書的な理論書ではないので、多少の注意は必要である。

SCM、サプライチェーンマネージメント
“数"の管理から“利益"の管理へ S&OPで儲かるSCMを創る!

新品価格 ¥ 2,592

中古価格 ¥ 4,250 残り7個

発売元:日刊工業新聞社  発売日:2014-10-30
  

内容紹介 
これまでのSCMは、一連のプロセスを「数」で管理していたが、これでは利益損失が出てしまった。
そこで、「利益」で管理するS&OPという取り組みをプラスし、「儲けがでる」SCMを創る動きが始まった。
本書は、どうやればこれを実際に構築できるかの指南書。

内容(「BOOK」データベースより) 
その計画で利益が出ますか?その見込は当たりますか?先駆者の事例から学ぶ新しいサプライチェーンの形とは。

SCM、サプライチェーンマネージメント
トコトンやさしいSCMの本(第2版) (今日からモノ知りシリーズ)

新品価格 ¥ 1,512

中古価格 ¥ 1,020

発売元:日刊工業新聞社  発売日:2014-08-27
  

内容紹介 
商品の原材料が調達されてから、製造され、消費者にわたるまでの一連の流れを総合的に管理する「SCM(サプライチェーンマネジメント)」。
いまや企業経営における必須の経営手法となっている。
本書は、専門的な予備知識がなくても、SCMについて正しく理解できる。
初版の内容を見直し、最新情報にアップデートした第2版。

内容(「BOOK」データベースより) 
戦略的な情報管理が実現できる。
ウィン・ウィンのパートナーシップを構築できる!災害サプライチェーンの構築。
知りたいことがよくわかる。

SCM、サプライチェーンマネージメント
SCMを本当に定着させれば、在庫削減は実現できる!

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 20 (定価の99%引き)

発売元:日刊工業新聞社  発売日:2009-02-01
  

分かり易く、ユニーク 評価
自社のSCMを改善したいと考えている実務責任者や担当役員が読めば、恐らく少なからぬヒントが得られるのではないか。
単なる概念論やケーススタディではなく、実際に企業にSCMの定着をコンサルティングしているチームによる図説入りの解説なので、具体的にどういうプロセスでどういったツールを使えばいいのか、イメージが沸く。
巻末の診断プログラムもユニーク。

厳しい経済環境の中で、いま、できることが書かれている 評価
「在庫削減は実現できる!」というインパクトのあるタイトルに興味を持ち、購入してみた。
これまで、在庫削減やSCMに関する本は何冊か読んだが、その多くは、成功することを前提に書かれていた感がある。
著者は大手精密機械メーカーで開発・設計に携わっていたようで、「現場」を知る人が書くと非常に説得力がある。
是非、うちの会社の社長や役員に読んでもらいたい。
この経済危機をどのように切り抜けるものかと、最近、本を数冊読んだが、いまの時代にマッチした指南書は経営書ではなく、実務書であると実感した。



PART_SPRAY_LINK

ホーム:よろしーく Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加