国際会計基準 ビジネスに役立つおすすめの入門書、専門書,を紹介します。書籍を読んで効率的に知識や情報を習得しましょう。  

国際会計基準の本、入門書、専門書,マニュアル,関連書籍の紹介,評価,安売り価格


入門書
国際会計基準
会社法 第18版 (法律学講座双書)

新品価格 ¥ 5,570

中古価格 ¥ 668

発売元:弘文堂  発売日:2016-03-11
  

国際会計基準
これならわかる連結会計〈IFRS・日本基準両対応版〉

新品価格 ¥ 2,808

中古価格 ¥ 1,741

発売元:日本実業出版社  発売日:2014-12-18
  

国際会計基準
ゼロからわかる国際財務報告基準

新品価格 ¥ 2,052

中古価格 ¥ 1 残り3個

発売元:税務経理協会  発売日:2010-12-01
  

国際会計基準
よくわかるIFRS<国際会計基準> (図解雑学)

新品価格 ¥ 24,558

中古価格 ¥ 21

発売元:ナツメ社  発売日:2010-07-16
  

本当にわかりやすい 評価
IFRSについて、特に日本基準との差異に焦点を当てて分かりやすく説明しています。
簡単な内容は 第1章 国際会計審議会や導入済の国など、IFRSの基礎知識 第2章 今後のスケジュールと、ここ10年間の会計ビッグバンのおさらい 第3章 IFRS導入によるビジネスへの影響 第4章 IFRSの基本的な考え方や性格(包括利益、原則主義、注記が多い等々) 第5章 IFRSと日本の会計基準の違い 第6章 F&Q こんな感じ。
特に第5章の「日本基準 vs IFRS」は、日本基準とIFRSの具体的な相異を、 例えば「毎期ののれん償却が不要に」「デリバティブの認定範囲が変更」といった形で37項目列挙してくれてるので

国際会計基準
図解入門ビジネス最新IFRS[国際会計基準]の基本と実務がよ~くわかる本 (How‐nual Business Guide Book)

新品価格 ¥ 1,728

中古価格 ¥ 993 残り6個

発売元:秀和システム  発売日:2010-06-23
  

全体観がわかりやすい 評価
経済誌含め何冊かIFRSに関する書籍を読んでみたが、平易な例から入るので、本書が一番とっつきやすくわかりやすい。
好感が持てる。
小生はただの銀行員であり、そこまでの専門知識は持ち合わせていないが、表面的な全体観・基本をつかむには充分で、さらに実際の実務を担う人たちにとっても、実務に耐える内容だと思う。

IFRS入門書の決定版 評価
何冊かIFRS関連の本を読まれている方は次のことを思うだろう。
・学者の解説本は、堅苦しい言葉で書かれていて難解だ。
もっと分かりやすい本はないか。
・監査法人の解説本は、今後自分自身でIFRSに対応していく方法までは書かれていない。
 改訂中のIFRSにどう対応していけばよいのか。
このような読者の悩みを解きほぐしてくれるのが、本書である。
本書は平易な言葉と身近な例を用いて、とっつきにくいIFRSを解説してくれている。
また、付章に『最新IFRS情報の入手法』と題して、適時にIFRSの情報を入手する術を細かに提示してくれている。
本書を読めば、IFRSの理解および関連資料の収集能力が格段に高まることは間違いないだろう。

国際会計基準
IFRS・IAS(国際財務報告基準・国際会計基準)徹底解説―計算例と仕訳例でわかる国際会計基準

新品価格 ¥ 6,248

中古価格 ¥ 1

発売元:税務経理協会  発売日:2009-10
  

国際会計基準
図解・イラストによるIFRS国際会計基準入門

新品価格 ¥ 17,658

中古価格 ¥ 436 残り8個

発売元:銀行研修社  発売日:2009-04
  

IFRS対応としての持ち合い株解消の理由がわかる 評価
世の中の一般常識として、当期純利益から包括利益へ、業績説明も本業のもうけから企業価値の変動へといった流れがよくわかりました。
読みやすく、分かりやすく、入門書として最適だと思います。

タイトルの通り入門書としては最適です。 評価
IFRSの入門書としては最適だと思います。
内容はIFRSの説明だけに留まらず、 IFRSを企業の会計にアドプションする際の 社内プロジェクトのあり方などにも 言及しているためサラリーマンの勉強の 第一歩にも良いと思います。
ただし、中の情報は鮮度が命なので、 読むなら今のうち読んでおいた方が良いと思います。

広範囲の内容が記載されおり整理するのに最適です 評価
IFRSの経緯から主要な基準の説明・設例、EU導入後の アンケート調査、対応プロジェクトのポイントなど、広範囲 の内容が、少ないボリューム内で要領よくまとまっており、 とりあえず、全体を概観・整理するのに最適な両著です。
ただし、ボリュームが少ない分、これで満足としては問題が あります。
この著書で、対応プロジェクトをスタートする判断をなさっ てはいかがでしょうか?自習を進めるためには十分な内容 を含んでいます。

国際会計基準
新会計基準を学ぶ〈第1巻〉 (わしづかみシリーズ)

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 105 残り8個

発売元:税務経理協会  発売日:2008-11-01
  

わかりやすい! 評価
BATICを勉強していて、Deferred income taxでつまずいて、何か良い本はないかと探していたところ、 この本を見つけ、早速読んでみた。
解説が丁寧で解りやすく、容易に理解できた。
この本を読んだ後、BATICの同じ問題をもう一度解いてみたが、今度は、難なくクリア。
頭の中で、明確になっていることを実感できた。

会計学への邂逅 評価
約10年ほど前から始まった「会計ビッグバン」。
本書は新会計基準と呼ばれるものの概要をやさしく丁寧に説明してくれている。
さすがに日商簿記2級くらいの知識がないと読みこなせないかもしれないが、 会計士試験・税理士試験を目指そうと思っている受験生や、 今さら新会計基準の内容を聞けない大企業の経理担当者にはピッタリの内容に感じる。

国際会計基準
図解入門最新国際会計基準と英文会計がよ~くわかる本 (How‐nual Business Guide Book)



中古価格 ¥ 1

発売元:秀和システム  発売日:2006-03-08
  

助かりました! 評価
今アメリカの大学で会計を勉強しているのですが、 授業に全くついていけず、すごく焦っていたところ この本を見つけて購入しました。
教科書で理解できなかったことが この本でほとんど全て解決しました! 付録に会計用語一覧も付いていて、 英語で会計を勉強している人には かなり合っていると思います★

一貫性がない 評価
何人かの人で手分けして書いている本のようで、内容に一貫性がない。
「これってさっき説明してたよね?」というようなことや「この順序ではなく、これを最初に説明すべきでは?」など。
また、最初の方のページの図は意味がなく、単なるページ稼ぎという印象が否めない。
内容も、国際会計基準といいつつ日本の財務諸表を載せていたりして、「英文会計がよーくわかる本」というレベルの本ではないと思います。

国際会計基準
国際財務報告基準(IFRS)入門―日本基準との違いをみる



中古価格 ¥ 1 残り7個

発売元:財経詳報社  発売日:2004-02
  

国際会計基準
図解「国際会計基準」入門の入門―これだけは知っておきたいビジネスの新常識 (PHP文庫)



中古価格 ¥ 1 残り9個

発売元:PHP研究所  発売日:2003-06
  

通勤に最適 評価
ここ数年国際会計基準に沿う形で、日本の会計基準も怒涛のように変わってきました。
この本はまさにそれを丁寧に解説する書であります。
ですので通勤時に読むには量的にも最適だと思われますよ。
まったく会計とは縁のない人でもいまの世の中の動きを知るためには読まれるとよいんじゃないでしょうか。
会計士の私でもためになりました。

新会計ルールを丁寧&シンプルに説明した良著 評価
証券市場のグローバリゼーションに伴い国際的に会計基準が統一されてゆく中で、低い資本コストを求めて海外市場で資金調達する企業や、多様化する投資機会にチャンスを求める投資家にとって、企業の正確な経済実体を理解するのがますます重要になってゆくと思われます。
2005年以降日本でも順次導入される、より正確に企業実体をバランスシートに反映する会計ルールを丁寧に解説しています。
時価会計、それに伴う減損会計や年金会計、税効果会計、企業グループ内における連結決済など、それぞれの説明とそれらがバランスシートや損益計算書の、どの部分にどのような影響を与えるのか非常にわかり易く図解して解説してあります。

国際会計基準
国際会計基準より会社の実力がよくわかる「資金会計理論」実践篇



中古価格 ¥ 289 残り4個

発売元:プレジデント社  発売日:2002-01
  

商品説明のレビュー
   本書は、「資金管理会計研究会」の主宰者である3名の税理士・公認会計士により1999年に上梓された入門編『会社を強くする資金会計理論』を引き継ぐ形で出版されている。
ハンディーな本ではあるが、資金会計の動きを理解しやすいように図表が多用されており、キャッシュフローに関して実践的な知識を得ながら、企業会計をめぐる視点を育むことができるようになっている。
   構成は全5章だてで、第1章「新会計基準の真実」、第2章「資金会計理論とは何か」、第3章「国際会計基準を考察する」、第4章「経営管理における普遍のツール」、そして第5章「財政健全化への提言」からなっている。

国際会計基準
図解 わかる!国際会計基準―会計ビッグバンでビジネスはこう変わる



中古価格 ¥ 1

発売元:ダイヤモンド社  発売日:2000-05
  

素人にもわかりやすい 評価
会計基準の変更というと素人にはなかなか理解しにくいものですが、本書では何故基準変更を行う必要があるのか、あるいは、国際会計基準の特徴である連結決算、税効果、時価会計、年金・退給評価などについて素人にもわかるよう丁寧に説明してあります。
サラリーマンとしては最低限必要な知識であり、おかげで、短時間で一定理解することができました。
欲を言えば、税効果の部分で繰延税金資産などについて実例をあげてもらうと、さらによく理解できたと思います。
(この部分はやや不満)

国際会計基準
国際会計基準・国際監査基準入門



中古価格 ¥ 277 残り4個

発売元:新日本法規出版  発売日:2000-01
  

国際会計基準
やさしくわかる国際会計基準 (入門ビジュアル・アカウンティング)



中古価格 ¥ 1

発売元:日本実業出版社  発売日:1999-04
  

国際会計基準
やさしくわかる国際会計基準のポイント



中古価格 ¥ 1

発売元:フットワーク出版  発売日:1999-02
  

国際会計基準
よくわかる国際会計基準



中古価格 ¥ 1

発売元:中央経済社  発売日:1999-01
  



マニュアル
国際会計基準
IFRSプロフェッショナルマニュアル

新品価格 ¥ 5,400

中古価格 ¥ 3,106

発売元:中央経済社  発売日:2017-02-11
  

国際会計基準
国際財務報告基準(IFRS)詳説 iGAAP2014 第3巻 iGAAP 2014 A guide to IFRS reporting



中古価格 ¥ 2,259

発売元:レクシスネクシス・ジャパン  発売日:2014-07-31
  

内容紹介 
2012年以来2年ぶり、待望の刊行。
会計実務者、経営企画担当者にとって重要な、最新の実務解説書が3巻同時にリリースされます。
原著「iGAAP 2014 A guide to IFRS reporting 」は、IFRSとその解釈にフォーカスした実務解説書。
IFRS 適用のための決定的なガイドとして知られる本書を、前回に引き続き有限責任監査法人トーマツのスペシャリストチームが翻訳。
実務上の課題を網羅する豊富な設例に加え、汎用性の高い理論的アプローチからIFRS 会計実務の具体策を紹介する、国際財務報告基準解説書の決定版です。
「金融商品」「収益」「リース」など最新の改訂状況もフォローし、重要基準を徹底解説!

内容(「BOOK」データベースより) 
IFRS第9号「金融商品」の詳細解説をこの1冊に!実務上の課題を網羅する豊富な設例に加え、汎用性の高い理論的アプローチからIFRS会計実務の具体策を紹介する。

国際会計基準
国際財務報告基準(IFRS)(特別追補版)〈2011年5月・6月公表〉



中古価格 ¥ 472 残り3個

発売元:中央経済社  発売日:2012-01
  

国際会計基準
国際財務報告基準(IFRS)〈2009〉



中古価格 ¥ 4,884 残り9個

発売元:中央経済社  発売日:2009-12
  

国際会計基準
国際財務報告基準(IFRSs)〈2007〉―2007年1月1日現在の国際会計基準(IASs)及び解釈指針を含む

新品価格 ¥ 27,000

中古価格 ¥ 586 残り6個

発売元:レクシスネクシスジャパン  発売日:2008-01-01
  

国際会計基準
国際財務報告基準書(IFRSs)〈2004〉―国際会計基準審議会



中古価格 ¥ 10,609 残り1個

発売元:レクシスネクシスジャパン  発売日:2005-10-01
  

国際会計基準
国際会計基準書〈2001〉

新品価格 ¥ 37,890

中古価格 ¥ 898 残り9個

発売元:同文舘出版  発売日:2001-07
  

辞書としては便利 評価
勘定科目毎に、国際会計基準のルールが書いてある。
1ページから順に読もうとしないこと。
出来れば、米国会計基準・国際会計基準・日本会計基準の簡単な比較表があれば便利。

国際会計基準
国際会計基準実務ハンドブック―最新コア・スタンダードを網羅



中古価格 ¥ 17

発売元:中央経済社  発売日:1999-07
  

国際会計基準
国際会計基準ハンドブック



中古価格 ¥ 12 残り7個

発売元:東洋経済新報社  発売日:1998-08-01
  

国際会計基準
国際会計基準ハンドブック



中古価格 ¥ 1

発売元:東洋経済新報社  発売日:1996-10
  

国際会計基準
会計基準国際比較ハンドブック―国際会計基準と主要国の会計基準



中古価格 ¥ 5,647 残り4個

発売元:中央経済社  発売日:1995-03
  



専門書
国際会計基準
国際会計の実像 -会計基準のコンバージェンスとIFRSsアドプション―

新品価格 ¥ 14,040

中古価格 ¥ 8,986 残り6個

発売元:同文舘出版  発売日:2017-04-22
  

国際会計基準
新・IFRSのしくみ (すらすら図解)

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 1,540

発売元:中央経済社  発売日:2016-11-25
  

国際会計基準
国際会計基準を学ぶ 第2版 (わしづかみシリーズ)

新品価格 ¥ 2,376

中古価格 ¥ 1,942 残り6個

発売元:税務経理協会  発売日:2016-03-24
  

国際会計基準
IFRS国際会計基準の基礎(第4版)

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 2,580 残り7個

発売元:中央経済社  発売日:2015-02-19
  

内容紹介 
2014年公表のIFRS第9号「金融商品」とIFRS第15号「収益認識」をフォローして、設例により会計処理を示すとともに、豊富な開示例を収録。
平易にまとめたIFRS最新版。

内容(「BOOK」データベースより) 
最終基準第9号「金融商品」と第15号「収益認識」をフォロー。
開示例、会計処理の設例、日本基準との比較表でIFRSの今がわかる。

国際会計基準
テキスト国際会計基準 第6版

新品価格 ¥ 3,563

中古価格 ¥ 1,717

発売元:白桃書房  発売日:2013-10-15
  

内容紹介 
学生から経理・会計実務者まで広く支持されてきたテキストが、最新の会計基準に対応! 「国際会計基準」および「国際財務報告基準」のコア・スタンダードを構成する主要な会計基準を,網羅的かつ総合的に解説。
日本の会計基準との相違点や,処理が難解であると思われる事項に焦点を当て具体的な設例や仕訳を用い説明。
第6版では,会計基準の国際統合の意義について1章を加え,その他,2010年刊の第5版からの会計基準の新設改廃への対応を行った。

内容(「BOOK」データベースより) 
「国際会計基準」および「国際財務報告基準」のコア・スタンダードを構成する主要な会計基準を、網羅的かつ総合的に解説。
日本の会計基準との相違点や、処理が難解であると思われる事項に焦点を当て具体的な設例や仕訳を用い説明。

国際会計基準
国際会計基準戦争 完結編

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 1

発売元:日経BP社  発売日:2010-04-22
  

読んでよかった! 評価
この本は、びっくりするほどの良書です。
会計基準を切り口にしながらも、国際志向に欠けた政治家、官僚、経済人への警鐘ともいうべき書籍です(とくに金融機関に対しては辛辣です)。
現在売られているIFRS本は、基準の説明に終始し、大局を見据えていないものが、ほとんどです。
それらは、書いている専門家たちも、しょせんはIFRSの追随者にすぎないと思われます。
しかし、この本の著者はちがっていました。
本当に読んでよかった本です。

国際会計基準における戦いを描いたノンフィクション 評価
本書は国際会計基準における各国の戦いの歴史を描いたノンフィクションです。
特に日本がどのように国際会計に対応して行ったのかが詳細に書かれています。
まるで物語を読んでいるかのようで、会計本では珍しく非常に面白い本です。
ただ、国際会計の細かい内容は記載されていないので、国際会計自体を知りたい人は 別の本を読む必要があります。
会計を敬遠している人は本書を読むことで会計をみじかに感じることができると思います。
おすすめの本です。

国際会計基準
IFRS(国際会計基準)の基本 (日経文庫ビジュアル)

新品価格 ¥ 1,080

中古価格 ¥ 1

発売元:日本経済新聞出版社  発売日:2010-04-01
  

読みやすいIFRS解説書 評価
1テーマにつき見開き2ページで、左側ページが文章、右側ページが図解という形式で、適当に開いたページだけ読むことも可能。
会計の本としては非常に読みやすい文章表現となっているのがよい。
コンパクトにまとまっているが、「IFRS」をカタカナで何と読めばよいかという話まで出ており内容は充実している。

薄い本だが、「IFRS感」をつかみやすい 評価
 IFRSとは何か、を詳細に解説する本ではなく、IFRSの特徴や考え方を解説する本です。
会計知識ゼロでもわかるってわけにはさすがにいきませんが、それでも非常にわかりやすく解説されています。
見開き2ページで1テーマの形式なので読みやすい。
また、IFRSの導入によって企業経営がどう変わるのか、まで説明されています。
ただし、IFRSについて具体的事例に基づく解説ではありません。
全体としてとてもわかりやすくつかみやすいだけに、むしろもっと詳しくきちんと知りたいと思わせられます。

国際会計基準
国際会計基準(IFRS)検定 重要ポイント&問題集

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 195

発売元:日本能率協会マネジメントセンター  発売日:2009-11-12
  

国際会計基準
国際会計基準戦争

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 1

発売元:日経BP社  発売日:2002-10-26
  

全く同感 評価
仕事上、1980年くらいから海外から資金を調達する機会もあり、ヨーロッパとアメリカの会計の違いを実地体験してきたが、正直なところ理由はともかく、損を先送りしていく体質はもう日本が一番ひどかったように感じている。
海外のアナリストからの質問に肩身の狭い思いをした日本の実務家は数知れないと思う。
物差しは1つで結構。
くだらない言い訳ばかり考えることから経理マンを開放してやって欲しといつも思ってきたので、ちょっと前進。
本書が会計に詳しくないという他の方々のレビューもありますが、問題の本質はこの本に書かれていると思ってます。

皆さんに知ってほしい真実 評価
日ごろ会計監査を担当している者として、本書を読んで一言。
まさにこの本の内容はわが国の会計制度の矛盾を一刀両断している。
わが国の問題先送り体質と事なかれ主義を会計制度という切り口で見事に明らかにした。
著者の証券記者としての長く見聞きしてきた事柄が説得力を持って語られる。
また、本で述べられていることは、わが国の企業と経済の再生のための著者なりの真摯な提言として聞くべきだ。
ぜひ多くの人に読んでいただき、官僚、産業界、会計士の問題意識の低さを知ってほしい。
こうした状況は会計制度以外の分野でもわが国では普通の状況であり、わが国が迷路にはまっている理由を理解するための一助ともなる。

商品説明のレビュー
   1993年の国際会計基準委員会の定例理事会で、会計基準を世界的に統合しようというプロジェクトに、日本は唯一反対票を投じた。
これが「日本経済を奈落の底に突き落とす一票」であり、またこのときが「戦争」の始まりであったと著者は言う。
   本書は、国際会計基準をめぐる世界と日本の動きと、それがおよぼした日本経済への影響をドキュメンタリー風につづっていく。
著者は、会計制度への不信が、国際社会における日本企業、そして日本経済そのものの不信につながり、長期的な経済低迷の遠因となったと指摘する。



国際会計基準
7つのテーマがわかる IFRS実務ガイドブック: ステップ式

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 4,097 残り7個

発売元:税務経理協会  発売日:2016-12-02
  

国際会計基準
IFRS 国際会計の実務 International GAAP2015 中巻

新品価格 ¥ 16,800

中古価格 ¥ 8,169 残り5個

発売元:レクシスネクシス・ジャパン  発売日:2015-04-30
  

国際会計基準
国際会計基準 連結会計の実務

新品価格 ¥ 3,672

中古価格 ¥ 2,090 残り6個

発売元:清文社  発売日:2014-05-30
  

国際会計基準
IFRS国際会計基準表示・開示の実務―完全解説

新品価格 ¥ 7,560

中古価格 ¥ 1,968

発売元:清文社  発売日:2013-12-24
  

国際会計基準
IFRS 国際会計の実務 International GAAP 金融商品・保険契約



中古価格 ¥ 551

発売元:レクシスネクシス・ジャパン  発売日:2011-08-01
  

国際会計基準
国際会計基準と日本の会計実務―比較分析/仕訳・計算例/決算処理

新品価格 ¥ 6,340

中古価格 ¥ 1

発売元:同文舘出版  発売日:2011-08
  

国際会計基準
IFRS国際会計基準と日本の会計実務―比較分析/仕訳・計算例/決算処理



中古価格 ¥ 116

発売元:同文舘出版  発売日:2009-12
  

基準レベルの学習から実務的観点まで一石二鳥の一冊 評価
会計の基本書としては難易度は高くなく読みやすい。
しかし内容が内容だけに、IFRSの前提知識は必要ないが、会計の体系的知識が無いと読み進むのは辛いと思う。
一冊のボリュームは多めだが、1章でIAS/IFRSの基準書一つを扱っており、1章完結で読み進めやすい。
ほとんどの章が3節立て(1.背景、2.バリエーションの分析と評価、3.実務上の留意事項および設例)なのだが、1・2節は学者が、3節は実務家(公認会計士)が執筆していることがこの本の特長か。
1・2節は各基準書について日本基準と比較する形で網羅的・詳細な解説が加えられる。
3節は基準ベースの学習を超えたより実務的な観点や、キーポイントとなる特徴的な規定などを抽出して扱っており、1・2節を復習できる、あるいは補完する内容になっている。

国際会計基準
国際会計基準と日本の会計実務―比較分析/仕訳・計算例/決算処理



中古価格 ¥ 105 残り8個

発売元:同文舘出版  発売日:2005-11
  



PART_SPRAY_LINK

ホーム:よろしーく Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加