ナレッジマネージメント,知的生産性,知的経営,知識経営,知識創造,知的資本 ビジネスに役立つおすすめの入門書、専門書,を紹介します。書籍を読んで効率的に知識や情報を習得しましょう。  

ナレッジマネージメントの本、入門書、専門書,マニュアル,関連書籍の紹介,評価,安売り価格


書籍
ナレッジマネージメント
頭のいい人は「図解思考」で考える!: 今までの10倍「記憶力」「理解力」が強くなる (知的生きかた文庫)

新品価格 ¥ 713



発売元:三笠書房  発売日:2017-12-22
  

ナレッジマネージメント
ノウハウ・マネジャーの教科書

新品価格 ¥ 1,598

中古価格 ¥ 936 残り7個

発売元:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)  発売日:2017-11-13
  

ナレッジマネージメント
生産性マネジャーの教科書

新品価格 ¥ 1,598

中古価格 ¥ 1,180 残り5個

発売元:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)  発売日:2017-09-19
  

ナレッジマネージメント
最強のシンプル思考 最高の結果を出すためのたった一つのルール

新品価格 ¥ 1,943

中古価格 ¥ 279

発売元:日経BP社  発売日:2017-03-24
  

ナレッジマネージメント
「見えない資産」の大国・日本 中国、アメリカにはない強みとは

新品価格 ¥ 1,728

中古価格 ¥ 1

発売元:祥伝社  発売日:2010-01-30
  

モース氏と大塚氏の絡み合いには日米文化比較論の味わいがある 評価
評論家の日下氏が司会進行、米国大学教授のモース氏が米国の企業と社会文化、実務家の大塚氏がインタンジブルスの実践話、と役割が明確になっているうえに、文章も平易で読みやすい。
モース氏と大塚氏の絡み合いには日米文化比較論の味わいがある。
標準化創始国アメリカの凋落で手本が消滅し、経済先進国全体が閉塞感に覆われている現状で、豊富にあるインタンジブルスという人的・文化的資源を、ITと連動させて日本全体の底上げを提言する視点は新鮮だし実践的で、参考になります。

よみがえる豊かさ  評価
1944年生まれの小生は、この本を読んで沢山学ぶことができました。
自分の見える化を発見することができました。
小学校時代はアメリカより乾燥ミルク(脱脂粉乳)乾燥野菜、アメリカ放出の衣料品を求めて行列があったことを思い出しました。
定年退職して、明日の生き方を求めるときに題名の珍らしさに引かれてこの本を買いました。
よく点から線へ線から面へという言葉がありますが、可能性を秘めた無限大のDNAを持っていることを知り、この本を読んで心が豊かになりました。

ナレッジマネージメント
建築と知的生産性―知恵を創造する建築



中古価格 ¥ 442 残り4個

発売元:テツアドー出版  発売日:2010-01
  

ナレッジマネージメント
考える営業―パフォーマンス営業がホワイトカラーの知的生産性を向上させる

新品価格 ¥ 1,728

中古価格 ¥ 82

発売元:産業能率大学出版部  発売日:2009-06-10
  

本当に『考えること』とは? 評価
この『考える営業』と出会い、題目通り『考える』とは何かを考えさせられた。
誰しも営業マンなら『考えて営業するのは当たり前』と思うであろう。
しかし、この書籍と出会い『自分は、今までの考えがなんと薄弱であったか』と私は感じた。
また、『営業』と冠する数多の本には、抽象的な表現で『だから具体的にどうすればいいのか?』と問いたくなるものが多い。

30代のビジネスマンは必見!! 評価
著者の待望の第3作目!!特に著者と同世代の30代ビジネスマンには必読書である。
現在、多くのビジネス書においてロジカルシンキングやSWOT分析等の手法が取り上げられている。
ど根性で何とかなる時代ではなくなり、日本の企業も欧米諸国が基本としているビジネススキルを学ぶ風潮であり、特に私を含めた30代のビジネスマンはこの手の書を読んでいると思う。

ナレッジマネージメント
技術者・エンジニアの知的生産性向上

新品価格 ¥ 2,916

中古価格 ¥ 1,300

発売元:日本能率協会マネジメントセンター  発売日:2009-03-13
  

合理的でかつ人間性も考慮されかつ実践的 評価
以前の技術KI活動の本もよかったですが、手法やシステム導入が主な内容だったと思います。
この本は、より人間性を考慮した内容になっています。
「知的生産性向上」は、「知的活動」の「生産性向上」であって、「知的に」(スムーズに)改善するというものではありません。
また、個々人の業務改善レベルではなく、プロジェクトチームの運営方法を劇的に変革します。

ナレッジマネージメント
オフィスにおける室内気候と知的生産性―知的生産性評価を組み込んだライフサイクルコスト分析 (REHVA GUIDEBOOK (NO.6))

新品価格 ¥ 7,982

中古価格 ¥ 7,978 残り2個

発売元:空気調和・衛生工学会  発売日:2008-08
  

ナレッジマネージメント
はじめての課長の教科書

新品価格 ¥ 1,500

中古価格 ¥ 1

発売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン  発売日:2008-02-13
  

ホントに初めての本 評価
「はじめに」で書いてあった英語版ウィキペデイアを検索してみた。
「中間管理職の主要な仕事とは、部下の活動を監視し、上位の管理職のためにレポートを作成することである」確かにそう書いてあった。
主な仕事は「監視とレポート作成」って、なんじゃそりゃ、である。
欧米のミドルマネジメント観がこんなに貧困なものだとは知らなかった。
リーダーシップやマネジメント本をいくら勉強しても、「現場と理論は違うよな…」と矛盾を感じてしまうのも当然だ。
目からウロコである。
「世界初の中間管理職の入門書」という内容紹介も決しておおげさではないと思う。

快著である 評価
影響力あるブログにて絶賛されていて、当初は「パブリシティ」的なものを感じてしまっていたが、紹介されていた言説・図表等に素直に関心を抱き、深く考えずに購入した。
読後の率直な感想は、著者の華麗な経歴とは真逆に、典型的な国内企業における「具体的な組織論」にフォーカスした、まさに教科書。
読者の立ち位置によって解釈や共感の度数も様々であろうが、場合によっては「センス」で片付けられていた「暗黙知的領域」をよくぞ、ここまで文書に落としてくれましたという感嘆。
これまで存った海外輸入マネジメント本や、国内個別企業論。
もしくは、経営コンサルタントの理想論・あるべき論・・・これらとは全く違う。

ナレッジマネージメント
ナレッジマネジメント―創造的な看護管理のための12章

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 2,342

発売元:医学書院  発売日:2007-06-15
  

リーダーの基礎を学べる 評価
35歳になり、看護とは何か、人を育てることと看護と関係あるのかなど 考えることが多くありました。
現在の状況を書くこと、これからのビジョンを述べることを 必要とされたとき、自分のボキャブラリーの無さに・・・・ そんな中、この本と出会い 自分が思っていることを理論立ててわかりやすく記載されており 本当にためになりました!!

あっという間に読み切りました! 評価
看護管理者の方ではないのに、私たちの立場をよく理解して頂き、優しくわかりやすく導いて下さりました。
とても読みやすく良くわかりました。
困った時の「神本」にして大切に持っていたいと思います。
素敵な本をありがとうございました。

繰り返すたびに新しい発見がある本です。 評価
著者看護管理という視点からやわらかい口調でナレッジマネジメントについて語りかけてくれている。
だから、一読するとわかったつもりになってしまう。
でも、その口調にだまされてはいけない(と思う)。
この著者の頭の中には膨大な知識があって、きっとオリジナルの理論が構築されていると思う。
こんなアプローチでかかれた看護管理の本はこれまでになかった。
「『看護の知』ってこんなふうに捉えることができるんだ!」という新しい発見が読むたびにある。

ナレッジマネージメント
コンテクスト転換のマネジメント―組織ネットワークによる「止揚的融合」と「共進化」に関する研究

新品価格 ¥ 4,752

中古価格 ¥ 161

発売元:白桃書房  発売日:2005-12-01
  

面白い 評価
内容的には難しいですが、いろいろと気づきも生まれて役に立ってます。

ナレッジマネージメント
スキルの本質とナレッジマネージメント―これからのSEとIT組織

新品価格 ¥ 26,687

中古価格 ¥ 586 残り6個

発売元:海文堂出版  発売日:2003-07
  

ナレッジマネージメント
コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践 (Harvard Business School Press)

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 2,327 残り5個

発売元:翔泳社  発売日:2002-12-18
  

地に足の着いた方法論 評価
基本的に仕事における必要な情報は「社内」にしか存在しないような気がします.つまり,書籍・雑誌やインターネットで公開されている情報よりも,イントラネット(大袈裟に言えばナレッジ・マネジメント・システム)で公開されている情報や,社内の知人に直接あるいはmail・電話で得られる情報の方が,仕事において役に立った気がします. 本書では,如何に必要な情報を迅速かつ簡単に得るための仕組である「コミュニティ・オブ・プラクティス」が提唱されています.「ナレッジ・マネジメント」の本は研究者による「こうすればうまくいくんじゃない?」的な机上の空論が多いのが現状です.しかし,本書の著者(エティエンヌ・ウェンガー,リチャード・マクダーモット,ウィリアム・M・スナイダーの三氏)は,研究者であると共にコンサルタントでもあるため,本書の理論は実践に裏づけられ地に足の着いたものであり,様々な企業で「応用可能な方法論」として確立されたものだと思います.

ナレッジマネージメント
俊敏な知識創造経営―東芝 ナレッジマネジメントの研究



中古価格 ¥ 1

発売元:ダイヤモンド社  発売日:1997-04
  

ナレッジマネージメント
DIPSとは何か―知的生産性向上システムの全ノウハウ

新品価格 ¥ 1,572

中古価格 ¥ 1

発売元:PHP研究所  発売日:1993-12
  

ナレッジマネージメント
技術者の知的生産性向上―技術KI計画

新品価格 ¥ 2,935

中古価格 ¥ 50

発売元:日本能率協会マネジメントセンター  発売日:1993-09-01
  

情報やアウトプットイメージの共有が大事 評価
「知的生産性向上」というのはよくありがちなタイトルです。
企業の研究所や開発部門は外部から見ると何をやっているのか分からないと良く言われますが、特に若手で「やらされ感」を持っている人など内部の人も同じことを自問自答していることが多いものです。
この本では、マネージャーや担当者が「見える計画」を立て、情報やアウトプットイメージを共有することが重要だと言っています。
最近ではMOT(Management Of Technology)が流行ですが、要するに同じことを言っているのです。
永遠のテーマなのだと思います。

ナレッジマネージメント
トップと経営幹部のためのDIPS―企業経営の生産性を高める「知的作業者のための生産性向上システム」とは



中古価格 ¥ 436

発売元:PHP研究所  発売日:1992-07
  

DIPSシリーズの経営幹部用。 評価
DIPSシリーズおなじみの『マックス'Uの原則』(二時間ごとに開放感と達成感を)と『防衛の三○行動』(事前にタスクを洗い出し集中的に処理する時間)欠かせない行動だと思う。
この本に出ているノウハウは、正しい仕事の仕方であり、基本的なやり方はどんな人にでも通じるはずである。
15年以上も前の本であるが、現在出版されているビジネスノウハウ本と言っていることは何ら変わり無く、要点がよくまとめられていると思う。

忙しい!といつも思っている人のための本 評価
これを読んで、ただ頑張ればいいのではなく、きちんと計画をたてたり時間をどう有効に使うかを考えなければいけないんだということを深く感じました。
経営において有効なシートが後半出てきましたが、実際使う場面がないためにちょっと理解が難しかったです。
今使いたい人には有益なのかもしれません。

ナレッジマネージメント
知的生産性向上システムDIPS(ディップス)



中古価格 ¥ 1,980 残り6個

発売元:ダイヤモンド社  発売日:1992-01
  

何度も読み返すべき本!! 評価
仕事、業務の生産性を向上するために読む本。
・仕事の受け方 ・業務遂行設計(業務のブレイクダウン) ・5つのP(プライオリティ)の定理 ・ゴール明示の原則 ・HIROENの視点 ・マックスUの原則 ・防衛の30行動 ・緊急性分解理論 ・根回し ・ターゲット明示の原則 仕事の効率、生産性をUPさせるには非常に興味深い内容、考えである。

ホワイトカラーなら一読の価値あり! 評価
ベンチャー・リンク社の会長が書いた本。
一朝一夕ではなかなかできないが、 実践したら効率的な動きができるノウハウがまとめられている。
人は2時間しか集中できないことを利用したマックス2の原則 防衛の30、創造の30、などの時間の使い方から、 タスクブレイクシート、根回しの仕方など幅広い。
何度も読み直したいなと久々に思えた一冊。



ナレッジマネージメント
知識を価値に変える技 ― 知的プロフェッショナル入門8日間プログラム

新品価格 ¥ 2,268



発売元:Evolving  発売日:2017-12-05
  

ナレッジマネージメント
ユダヤ 知的創造のルーツ~超一流を育てる不屈の精神+究極の習慣

新品価格 ¥ 1,728

中古価格 ¥ 1,359 残り8個

発売元:大和書房  発売日:2017-09-24
  

ナレッジマネージメント
賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

新品価格 ¥ 3,980

中古価格 ¥ 3,000

発売元:大成出版社  発売日:2017-04-01
  

ナレッジマネージメント
なぜかミスをしない人の思考法 (知的生きかた文庫)

新品価格 ¥ 617

中古価格 ¥ 1

発売元:三笠書房  発売日:2013-11-22
  

内容紹介 
なぜ、あの人にはミスが少ないのだろう?その理由を科学的に解き明かす!◎ミスをしない人の「基本ルール」――失敗の発生源を知っておく◎致命的なミスを先回りして防ぐ方法――この サイン を見逃すな!◎ピンチで力を発揮する人の条件――起きてしまったミスへの最善策◎ミスを将来の財産にする考え方――できる人は、転んでもただで起きない◎ミスの起こらない「仕組み」をつくる――失敗の芽を元から絶つ!これが、失敗を予測・回避し、成功をつかむ人の共通法則

著者について 
東京大学大学院教授・博士(工学)

ナレッジマネージメント
知識創造経営のプリンシプル―賢慮資本主義の実践論

新品価格 ¥ 3,240

中古価格 ¥ 685

発売元:東洋経済新報社  発売日:2012-03-30
  

これからの時代に不可欠な、知識創造経営の実践本 評価
『知識創造企業』の刊行から16年。
その概念を実践した企業事例と学術研究が統合された実践のための一冊です。
今話題のビジネスモデルジェネレーションのキャンバス、デザイン思考やフュチャーセンターなどの最新事例はもちろん。
サスティナブルある社会的責任を中核においた共同的企業体のビジネスモデル設計が描かれています。
この共同体的企業を、野中氏は、賢慮の経済展開という表現しており、「共同体における意識」「時間の概念」「資源の変化」の三次元空間でとらえることができる点は、非常に学びになります。
(p314)本書は、社会性(社会主義)と利益(資本主義)の単なるハイブリッドでもなく、マネジメントという観点から、「実践知」を説いています。

内容紹介 
21世紀の知識社会を生き抜くマネジメントの叡智 1990年代に野中郁次郎氏が提唱した「知識経営理論」は、日本企業の強みを経営資源としての「知識」にある ことを喝破し、その概念は、日本発の経営理論として世界の経営学のみならず、ビジネス界に導入されるなど、 多大な影響を与えた。
それから20年、当時は世界のお手本とされた日本企業は傾き始め、欧米の市場原理主義的な資本主義はリーマ ンショックによって挫折を余儀なくされた。
本書では、このような課題に取り組む経営学としての「知識経営理論」を今日の文脈に置き直し、経営学とい うジャンルを超えて多面的に分析し、実際の企業経営・働き方でも活用できるプリンシプル(原理・原則)に まで昇華させたたものである。

ナレッジマネージメント
ビジネスモデルイノベーション (東京大学知的資産経営総括寄付講座シリーズ)

新品価格 ¥ 2,700

中古価格 ¥ 617

発売元:白桃書房  発売日:2011-11-16
  

これからのビジネス 評価
これからのイノベーションの考え方として面白く読みました。
これからの参考にします。

内容(「BOOK」データベースより) 
東京大学の知的資産経営総括寄付講座の研究成果をまとめたシリーズの第1巻。
本書は、コンセンサス標準の競争戦略からオープン・クローズの概念を一般化したビジネスモデルの議論を行う。
苦境に立たされる現在の日本企業に送る1冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 
渡部/俊也 東京大学先端科学技術研究センター教授、兼東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻教授。
1984年東京工業大学無機材料工学専攻修士課程修了、東陶機器株式会社入社。
1994年東京工業大学無機材料工学専攻博士課程修了(工学博士)。
1996年東陶機器株式会社光フロンティア事業推進センター次長。
2001年東京大学先端科学技術研究センター研究・戦略社会システム大部門教授。
2006年東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ナレッジマネージメント
イノベーションシステムとしての大学と人材 (東京大学知的資産経営総括寄付講座シリーズ)

新品価格 ¥ 2,700

中古価格 ¥ 600 残り9個

発売元:白桃書房  発売日:2011-11-01
  

寄せ集め 評価
大学と人材というよりは、大学がかかわるイノベーションについての各論。
渡部氏は、もはや聞きあきたレベルの繰り返しの、大学の知財本部にまつわる話、各務氏に至ってはベンチャーの話とはいいつつ半分は東大のシステムの話で新たなる視点は何もない。
なぜに同じ内容の文章を、あちこちの本で書きたがるのか。
特に歴史的分析なんて、新たな視点や何か特別な主張があるならともかく、無いならわざわざ書くのは紙面の無駄であろう。
妹尾氏もいつも通りの、「軍師」の話だが、サブタイトルに則した整理をしており、この辺りさすがに「語り」が上手である(感心するのはそこだけだが、相当に読みやすくわかりやすいのは事実である)。

ナレッジマネージメント
グローバルビジネス戦略 (東京大学知的資産経営総括寄付講座シリーズ)

新品価格 ¥ 2,700

中古価格 ¥ 551

発売元:白桃書房  発売日:2011-11-01
  

ナレッジマネージメント
知的資産経営が中小企業を強くする (静岡学術出版教養ブックス)

新品価格 ¥ 1,080

中古価格 ¥ 899 残り2個

発売元:静岡学術出版  発売日:2011-05-20
  

ナレッジマネージメント
知識ゼロからの経営分析入門

新品価格 ¥ 10,314

中古価格 ¥ 333 残り9個

発売元:幻冬舎  発売日:2010-12-01
  

気に入りました 評価
迅速なご対応有り難う御座いました。
会社の数字に強く慣れそうな感じです。

ナレッジマネージメント
イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 983

発売元:英治出版  発売日:2010-11-24
  

ここ数年で一番の当たり。 評価
本書は、戦略系コンサルティングファーム、神経科学者、そして有名IT企業と他分野にわたる異色のキャリアを歩んできた著者が、しかし首尾一貫して実践してきた知的生産の技術を余すところなく説明した本である。
知的生産≒問題解決についての書籍は今となっては星の数ほどあるが、本書の出来はそれら類書と比較して突出しているように思う。
イシュー、すなわち”本当に解くべき問題”を設定し、具体的な分析レベルまでそれらを分解して、そのそれぞれに仮説を立てる。
実際に作業・分析に取り掛かる前にこれらのプロセスを踏む事の重要性を、著者は繰り返し述べる。

犬の道とは私の歩んだ道ですか 評価
と尋ねたくなるぐらい、時間を浪費することをしていたことがある。
しかし、他人の2倍働き、3倍の成果を出した(つもりになって)も、所詮3倍でしかない。
著者が言う「犬の道」である。
平均の10倍の生産性を叩き出す人は何が違うのか、いつも考えていた。
この本は、その辺りを解説する教科書だと感じた。
仕事に時間をかけて質を上げても、そもそもその仕事そのものが取り組むに値するものなのか、結果が出る仕事なのか。
つまり、イシューなのか、ということを最初に問いかける。
ああ痛いところを突かれた、そうだったのか。
その気づきの後は、「シンプルで本質に迫る」解説が続く。

ナレッジマネージメント
MBB:「思い」のマネジメント ―知識創造経営の実践フレームワーク

新品価格 ¥ 1,652

中古価格 ¥ 118

発売元:東洋経済新報社  発売日:2010-06-18
  

リーダーをやるのが楽しくなります 評価
初めてリーダーを任されたときことを思い出しながら読みました。
以前からこのテーマが気になっていたので期待して手に取りました。
ベテランのリーダーだけでなく、初めてリーダーになる人やもう少しでリーダーになる人に勇気を与えてくれる本だと思います。
リーダーを任されるということは、会社やプロジェクトの業績やら課題やらを背負い、メンバーを動かして、限られた条件の中で結果を出す必要があります。
初めて経験したときは相当なプレッシャーを感じました。
プロジェクトマネジメント、ファシリテーション、プレゼンなど効率的な(いわゆる左脳的な)マネジメント手法を必死で勉強しました。

ナレッジマネージメント
日立の知的資本経営

新品価格 ¥ 2,700

中古価格 ¥ 96 残り7個

発売元:中央経済社  発売日:2007-07-01
  

経営施策として最も重要なカテゴリーでは? 評価
企業の潜在能力とは何か?企業の存在が認められる価値とは何か?企業の中に蓄積される知的財産 とは何か?を常に把握することの重要性を感じた。
特に組織が巨大化すればするほど その内容は 理解しにくくなるはずである。
また 知的資本経営という語彙そのものが きたるべき知識創造社会で の経営施策のキーワードであると確信する。
 実行予算の出来 不出来だけの評価では 過去の企業と しての生き様や成績だけへの喜怒哀楽となってしまう。
 やはり 良い成果を得るためには良い 土壌や栄養素 根が必要である。
本書はその重要性を十分に説明してある。

今後の経営スタイルへの先駆的な視点 評価
企業に潜在する色々な能力や資産 資本とはバランスシートやPLだけで表現されないことは 誰でも理解はしている。
しかし その部分をどの様な内容に分類分析し定量的に評価して いくことは 誰でも興味がある。
更にその方策に関しては殆ど良い施策がないのが現実で ある。
この書籍の特に前段の部分での解説は大変良い言及だと思う。
企業の潜在能力として の知的資本をどの様に蓄積拡大し更に再利用していくか?と言う部分は今後の企業経営に 関して大変重要な施策とイデオロギだと感じる。
日立内部での推進状況に関しても興味 ある内容である。
経営への先駆的なスタイルとして知見を深めるには良い書籍である。

ナレッジマネージメント
知識経営時代のマネジメント―経営学のフロンティア

新品価格 ¥ 2,592

中古価格 ¥ 49

発売元:創成社  発売日:2007-05-01
  

ナレッジマネージメント
リサーチ・デザイン―経営知識創造の基本技術

新品価格 ¥ 2,571

中古価格 ¥ 1,400 残り8個

発売元:白桃書房  発売日:2006-12-01
  

調査をしようとしたら 評価
調査をしようと思ったら、一番最初に読んだ方がいいと思われる本である。
数量調査、質的 調査の基本が分かる。
得てして、調査方法は数量であれば数学に悩まされ、質的調査であれ ば精神論に悩まされるが、それを差し置いてどんな方法があるのかの鳥瞰図的な本である。
したがって、これを読んだからといって、いきなり調査が出来るわけではない。
実際にする つもりであるならば、さらに専門書が必要である。

ナレッジマネージメント
経営分析の知識 (日経文庫)

新品価格 ¥ 896

中古価格 ¥ 1

発売元:日本経済新聞社  発売日:2004-07-01
  

社会人ならばみんな読んでほしい 評価
毎年4月になると新入社員が町を闊歩します。
その光景は嬉しくもあり、不安もある。
日本の経済活動を担う若者ひとりひとりがその原動力です。
大事なことはいい形でそのスタートダッシュをきることでしょう。
最近は「上司にはこう対応しろ」「こういわれたらこう切り返せ」など様々なハウツー本が売れていますが、そんな世渡りの浅はかな仕組みよりもずっしりと重い本を読んでもらいたい。
とはいってもいきなりそれは無理でしょうから、この本のように厳選された内容を手軽に読める本がいい。
会社に関係するするひとはできるだけ早く抑えておきたい本です。

基本が良く分かります 評価
以下の4つの経営の基本的観点から経営分析の手法を紹介しています。
収益力 損益分岐点 流動性 生産性 自動車・流通などの実際の財務諸表を使っているので、とても分かりやすいです。

ナレッジマネージメント
知識経営実践論



中古価格 ¥ 1,742 残り3個

発売元:白桃書房  発売日:2001-11
  

驚きの実践経営学 評価
経営における知識の90パーセントは、私たちのまだ知らない実践手法によって占められていた。
この驚異の発見の前にこれまでのどんな経営学のモデルもすべて破綻してしまうだろう。
かつて現場で信じられていた知の実践手法が、野中の知識経営理論によって「誤りである」と証明された時の驚きと混乱にあまりにもよく似ている。
これまでの経営学の迷走と過ちを最新の事例を折り混ぜながら、平易かつショッキングにレポートするサイエンス・ノンフィクション。

「遅れてきた巨人」~他の追随を許さない1冊 評価
“Knowledge Management”に関する事例集は巷にあふれ返っている。
しかし、それらの大半は単に知識の「共有」についての議論に終始しているに過ぎない。
本書はそれらとは一線を画し、編著者の1人である野中郁次郎が提唱する「知識創造理論」をフレームワークとし、単なる「共有」を超え、新たな知識の「創造」に成功した、真の「知識創造企業」の姿を浮き彫りにしている。
言うまでもなく、ビジネスの熾烈な闘いには、他の企業の猿真似では勝てない。
しかし、成功事例は勝利を目指す者の思索の種となり、優れた戦略を練り上げるためのヒントを与え、何より戦いへと赴く者に希望を与えてくれる。

ナレッジマネージメント
知識経営のすすめ―ナレッジマネジメントとその時代 (ちくま新書)

新品価格 ¥ 864

中古価格 ¥ 1

発売元:筑摩書房  発売日:1999-12-01
  

場をデザインする 評価
知識経営のすすめという表題に胡散臭さを感じた。
第4章が、場をデザインするという題目になっているので、逆に、親しみを感じた。
知識では役に立たないが、場が共有できれば、役にたつかもしれないからだ。
内容が、やや抽象的すぎて、現地、現物の地から強さが感じられない点が、読み終わった不安感をかきたてている。
結局、経営は不安との戦いなのだろう。

KMの実践こそBSCのフレームワークがキーポイント 評価
KMの実践またKMの効果に関して中々現在の経営者は本気にしない。
つまり投資対効果がKMではありえないと思い込んでいるのであろう。
しかし、KMでなくても経営革新の施策とは「熱さまし:トンプク」の様な効果などある訳けがない。
経営者は着実に継続が力 としての革新施策と即効性のある経営革新施策とをしっかりとマネージメントした上で推進す可きである。
この書籍は経営施策と言うより経営理念:経営哲学の領域に足を踏み入れている内容である。
優秀で意識の高い経営者はその琴線に触れるであろうがそうでない経営者はおそらく懐疑心しか湧かないであろう。

発売元のレビュー
受け取られる方が不快に思われるような、傷みのひどい本、見苦しい本などは扱っておりません。
本品はカバーによく見ると細かい線が入っている程度で、あとは目立つような傷・汚れもありません。
本文は使用感もなくよい状態です。
気持ちよく鑑賞していただけるのではないかと思います。
専用書庫にて保管しております。
ご注文確定後、速やかに送付いたします。



ナレッジマネージメント
地域企業における知識創造

新品価格 ¥ 2,808

中古価格 ¥ 5,616 残り2個

発売元:創成社  発売日:2017-01-31
  

ナレッジマネージメント
知的資本論 すべての企業がデザイナー集団になる未来

新品価格 ¥ 5,990

中古価格 ¥ 585

発売元:CCCメディアハウス  発売日:2014-10-09
  

ナレッジマネージメント
知識創造のリーダーシップ

新品価格 ¥ 3,672

中古価格 ¥ 1,077

発売元:中央経済社  発売日:2012-09-20
  

ナレッジマネージメント
あらすじとイラストでわかる資本論 (文庫ぎんが堂)

新品価格 ¥ 617

中古価格 ¥ 105

発売元:イースト・プレス  発売日:2012-05-26
  

ナレッジマネージメント
バウンダリーチーム・イノベーション 境界を超えた知識創造の実践

新品価格 ¥ 2,808

中古価格 ¥ 105

発売元:翔泳社  発売日:2010-03-17
  

知識創造企業から知識統合企業へ 評価
本書の魅力は第1に、あらゆる境界を越えるバウンダリーチームを形成することによりバウンダリーイノベーションを創出する「知識統合企業」のコンセプトを提示している点である。
そして第2に、事例でカバーする産業領域の広さであり、家電、ゲーム、携帯、半導体のみならず工作機械まで多岐にわたった産業をとりあげている点である。

ナレッジマネージメント
知的資本経営のすすめ―人財・組織・顧客による価値創造と持続成長モデル



中古価格 ¥ 699 残り6個

発売元:日本生産性本部  発売日:2009-04-22
  

日本オリジンの経営哲学 評価
「知的資本」とは、会社の人や組織や顧客との関係といった「見えない資産」のことだそうです。
日本企業は従来、この会社の根にも喩えられる「知的資本」を重視する経営を通じ、発展してきたのです。
ところが昨今の、株主しか見ない金銭資本主義の跋扈で、日本の会社もどんどんおかしくなってきたのではないでしょうか? 金銭資本主義への反省が求められる中、新しい経営哲学・経営アプローチの一つとして「知的資本経営」への注目が高まるのではないか、と思います。
ビジネス本としても、内容も具体的ですし、事例もしっかりあって、分かりやすいです。

サブプライムの最中にタイムリーな経営コンセプト 評価
金銭化することが難しい組織の大切な価値を見極め、それを伸ばすという考え方は、当たり前のようで知らず知らずのうちに今の企業経営が疎かにしてしまっていることではないか。
金融危機の真っ只中なだけに、企業経営のあり方を考え直すためのタイムリーな本だと思う。
具体的な事例や方法論がもう少し豊富に載っていたらよかったが、予想外に日本の名だたる企業がこの経営手法に取組んでいることに驚いた。

ナレッジマネージメント
日本企業の知的資本マネジメント



中古価格 ¥ 12,124 残り4個

発売元:中央経済社  発売日:2008-03
  

日本企業に勤めるすべての人にお勧めします。 評価
日本企業の経営スタイルは長期雇用を前提として従業員に企業特殊知識の取得を促し、企業独自の知的資本を蓄積することによって競争力の源泉を獲得するところに特徴があるとされています。
そこで、長期雇用を維持する日本企業の経営スタイルは、欧米型の経営スタイルに比べると、事業環境の変化に応じて機敏に対応していくことが苦手なのではないかという疑問が生じます。
本書は、この疑問に対して、知的資本を活用するマネジメントによって環境変化への対応力やイノベーション創出力を生み出すことが可能であると主張しています。

経企、人事マネージャーにお薦め。 評価
とても分かりやすく読みやすい。
具体的な事例もあり応用範囲もひろいと感じた。
資源合理で戦略を考える方法は日本にとてもフィットしていると改めて感じた。
経企部門のみならず、戦略展開を支援する人事部門でも応用可能だと感じた。

ナレッジマネージメント
MOT知識創造経営とイノベーション (MOTテキスト・シリーズ)

新品価格 ¥ 3,888

中古価格 ¥ 1,740 残り6個

発売元:丸善  発売日:2006-05-01
  

ナレッジマネージメント
知識創造の方法論

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 888

発売元:東洋経済新報社  発売日:2003-04-03
  

知の創造のリファレンス 評価
私たちが普段行っている知的行為は、私たちがこれまで受けた教育や現場経験などで獲得された方法をある意味では無意識のうちに使って行われている。
たとえば、他人に意見を聞いて参考にするとか、図に表現すると分かりやすくなるとか、定量的にデータを取ってみて分析してみるとか、実践することによって理屈がよく分かるとか。
等だ。
私たちは、これらの行為がそれぞれとても有効であることを経験的に理解しているが、本書は、改めて 1.知識獲得の方法にどんな種類があって、 2.それらがどのように人類に獲得され、発展してきたのか、 3.また、この知獲得の方法を企業経営の現場でどう活用していけばよいのか、

ナレッジワーカーには哲学が必要だ 評価
本書はタイトルからは、ビジネススキル本をイメージしますが、第一部では、「知の方法論の原点」と題して、古今東西の哲学が紹介されています。
これにより、SECI(セキ)プロセスと呼ばれる、「暗黙知と形式知」の相関関係と、それらをループさせる事で、知識が昇華される事が解説されます。
なぜ哲学なのだ?と言う疑問が出てきそうですが、 「仮説はその人の価値観、人生観、世界観、人間観といったものにより選ばれる。
これらの基底となるものが、教養や情緒と言ったものなのである」 そして、『「知」は、当然個人にとっても、知的生き方、自己実現的、自己超越的欲求と結びついてものでなければなりません。

ナレッジマネージメント
知的経営の真髄―知的資本を市場価値に転換させる手法



中古価格 ¥ 1

発売元:東洋経済新報社  発売日:2002-04
  

知的財産を戦略に組み込む方法がわかる 評価
この本は、特許・商標・意匠などの、いわゆる知的財産を経営戦略に組み込む方法が書かれている。
読んでみると、べつだん、新しい感じがしないが、ここまで文章に落とし込んで書かれている本は見ないことから、貴重な文献であるかもしれない。
コンサルタント経験を活かして、チャートが多用されており、ビジネスマンにも読みやすいのではないかと思われる。
最後のまとめの章が要約になっているので、時間がない方は、ここだけを読み、必要部分は該当の章を読むという方法もいいだろう。

全体的にコンセプチュアル・・・ 評価
企業経営を行ううえで、いわゆる「目に見えない資産」をどのように活用し、評価するかという興味深いテーマを中心に書かれたものであるが、全体的に内容がコンセプチュアルかつ抽象的で、終始学術論文を読んでいるという印象を与える。
M&Aや株価等との関係についても触れられているが、少なくともM&Aに関わる人々や証券アナリストが実務に利用できるという印象はない。
また、日本語訳自体に不自然と感じられる部分もあり、訳者の方々が真に原著を理解されたうえで翻訳されたものかどうか、残念ながら多少の疑問を感じざるを得ない。

ナレッジマネージメント
ナレッジ・イノベーション―知的資本が競争優位を生む



中古価格 ¥ 1

発売元:ダイヤモンド社  発売日:2001-04
  

自分の会社をどう変えるか 評価
わかりやすい表現で書かれているので、読んでいて抵抗がない。
事例として挙げられているのが米国企業中心なのだが、日本のメーカに置き換えて考えると理解が深まる。
レガシーカンパニーがかてつの栄光にこだわっていると、たちまち取り残され、やがて滅びる姿が想像でき、ナレッジ・コミュニティの形成の重要性がよく分かる。
自分の会社の将来について真剣に考える人は必読だと思う。
ここに留まった方がいいのか、別の小さな小回りの効く組織を作った方がいいのか、事例を参考にして考えることができる。
早く知ることが成功する道なのだと思った。

ナレッジマネージメント
インテレクチュアル・キャピタル(知的資本)―企業の知力を測るナレッジ・マネジメントの新財務指標

新品価格 ¥ 26,399

中古価格 ¥ 1

発売元:日本能率協会マネジメントセンター  発売日:1999-10
  

ナレッジマネージメント
知的資本のマネジメント―顧客・株主・社員の利益を一致させる



中古価格 ¥ 24

発売元:ダイヤモンド社  発売日:1998-06
  

有能な部下を持ちたい人におすすめ 評価
社員を人的資本と捉える新しい経営手法について具体的な事例を交えながら詳しく書かれています。
内容の多くは、これからの時代に求められるであろう人材像や、どうやってその人材を獲得するか、育てるか、また、人材のモチベーションマネジメント的なものになっています。
経営だけでなく、リーダーシップを発揮しなければならない人にとっては参考になるはず!後半では評価方法やインセンティブについても書かれており、経営においてかなり実践的な部分も含まれています。

定性面をきちんと論理仕立てている。 評価
ものすごく難しい、というのが最初に感じた印象。
著者のキャリアを見て理解したけど。
さすが、コンサルの人の表現方法だ。
社会経験が乏しいので、ほとんどのことは理解できなかった。
基本的に言っていることはよくある、マネジメントの本、企業の役割的な本 と同じだと思う。
それを難しく(理論的に)語っているのがこの本だと思う。
きっと読む人が読めばよく理解できるだろう。
5年後、もう一度手に取るとまた違った理解を得られると思った。

ナレッジマネージメント
知識創造企業

新品価格 ¥ 1,950

中古価格 ¥ 991

発売元:東洋経済新報社  発売日:1996-03-01
  

マネージメントの創造論 評価
創造の方法を、企業的に追求したマネージメント論。
創造のためには、何よりも知識が大切; その前提の上で 1. 暗黙知を収集して、共有化する 2. 暗黙知を形式知として、コンセプトとして意識化、創造する 3. 形式知どうしを連合させて、正当化する 4. それによりプロトタイプを作り、形式知を暗黙知として内在化する これが創造のステップ、と論じた。
 経験と知識から、ここまで「理論」 を構築するのは、大したものだ。
暗黙知を含め、個人と集団を対比し、東洋と西洋のやり方を対比させた、 これも論点であり面白い。
 すこし形式的、紋切り型すぎるが。

文句なしの名著 評価
野中先生の名著。
西洋・東洋の知識に対する考え方の整理から始まり、暗黙知と形式知の組織的な変換プロセスについて論じる。
共同化や表出化などサイクリックな変換プロセスは理論としての完成度がとても高い。
しかし、ミドルアップダウンやハイパーテキスト型組織などの考え方は、後の「場」理論の基礎となったものと思われ、この時点では「なるほど」といった程度。
ドラッカーの知識社会との関連も強く、あわせて読みたい。

発売元のレビュー
y’ʏí”z‘—–³—¿z‘½­‚ÌŽg—pŠ´(Œy”÷‚ȃXƒŒ)‚ ‚è‚Ü‚·‚ªA‚¨“Ç‚Ý‚¢‚½‚¾‚­‚É‚ÍŽxá‚È‚¢ó‘Ô‚Å‚·ByƒAƒ}ƒ]ƒ“ƒZƒ“ƒ^[‚©‚ç”­‘—‚¢‚½‚µ‚Ü‚·B‚¨‹}‚¬•ÖA‘ãˆø‚«AƒRƒ“ƒr‚Ɏ󂯎æ‚è‘Ήžz

ナレッジマネージメント
知識創造の経営―日本企業のエピステモロジー



中古価格 ¥ 1,893

発売元:日本経済新聞社  発売日:1990-12
  

野中郁次郎最良の単著 評価
この本なしに、野中郁次郎は語れない。
第1章ではサイモン、バーナード理論の現代的意義と限界を明示している。
第3章の日本的知識創造と欧米的知識創造から生まれる知識の質の差を社会民主主義からの規定によるものだと説いている点が興味深い。
生まれる知識は組織内だけで決定されない。
組織構造は環境に規定される。
条件適合理論を学んだ著者の特徴がよく表れている。
組織構造論と人間関係論の統合を試みる視野の大きな作品であると感じた。
経営学を学ぶ人の視野狭窄化をとめる作品であると思う。

経営における知識を扱った必読の書 評価
この本に読者レビューが無いのでびっくりしました。
必読の一冊だと思います。
ただし、既に野中先生の「知識創造企業」を読まれた方には内容が重複している部分が多いので必要ないと思います。
逆に知識創造企業の厚さにヒルンでしまった方には、こちらからサラっと入ることをお勧めします。
余計な話ですが、バーナードやサイモン等の経営学者の学説がチャンと紹介されており、経営史に興味のない方にはこの紹介部分を読んでいくのが相当の苦行になります。
ここでツライと思われたら、飛ばして読んでも本質的な理解には全く影響がないと思います。
私は、一応歯を食いしばって読みましたが、読後、歯をくいしばって読んだ部分はまったく思い出せませんでした。



PART_SPRAY_LINK

ホーム:よろしーく Version:PART_PAGE_VERSION