サブプライム問題の本、紹介、関連書籍、安売り価格です。そのほか、新刊、新書、中古本、古書があります。また、書籍案内、紹介、読書感想、レビュー、評価,批評,比較、良書、おすすめ、推薦本、推薦図書もあります。  

サブプライム問題の本、紹介、関連書籍、安売り価格


サブプライム問題
金融政策の誤算 : 日本の経験とサブプライム問題

新品価格 ¥ 2,916



発売元:NTT出版  発売日:2015-11-30
  

サブプライム問題
アメリカ住宅金融の仕組みと証券化―サブプライム危機以降の課題と展望

新品価格 ¥ 14,164

中古価格 ¥ 2,802

発売元:晃洋書房  発売日:2013-10
  

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 
森/利博 石川県出身。
1975年に京都大学法学部、1981年にカリフォルニア大学バークレー校経営大学院(現ハース・スクール)を卒業し、MBAを取得。
1975年から三菱商事株式会社に勤務後、1985年にゴールドマンサックス証券東京支店に入社し、米国モーゲージ証券の販売を担当。
1995年に転職し、日本及び欧米の証券会社、格付け機関に勤務後、2004年から07年までカントリーワイド証券会社東京支店長を務めた。
現在、立命館大学大学院経営管理研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

サブプライム問題
世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)

新品価格 ¥ 994

中古価格 ¥ 9

発売元:文藝春秋  発売日:2013-03-08
  

サブプライム問題
サブプライムを超えて―狼たちの聖戦 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)

新品価格 ¥ 669

中古価格 ¥ 1

発売元:角川春樹事務所  発売日:2012-02-18
  

おもしろい!意外な結末も・・・・ 評価
小説サブプライムの続編。
本編の方が小説らしく、生々しい人物描写がテンポよく描かれています。
武器商人やイスラエルについては、さすが落合氏ならではのリアリティのある内容です。
ウォールストリートからオイルビジネスへの転身について(ある登場人物)は、ちょっと唐突感があり、あまり多くが触れられていなかったのが残念です。

気楽に読めて面白い作品 評価
落合氏の作品を読むのは、前作の『小説サブプライム』に続いて2作目ですが、氏の持つインテリジェンスが随所に出ていて、楽しく読めました。
グリードに流されず、人として、男としての粋を追求する主人公。
こんな格好いい日本人が本当に存在していたら、日本もまだまだ捨てたものではないのかもしれません。

サブプライム問題
小説 サブプライム 世界を破滅させた人間たち (集英社文庫)

新品価格 ¥ 724

中古価格 ¥ 1

発売元:集英社  発売日:2011-03-25
  

前作から引き続き・・・ 評価
前作と同じキャラクターで展開しています。
中学生のころから呼んでいますが最近は小説の上梓が少ないので待ちわびた本です。
内容は気軽に読めるないようです。

内容説明 
世界的金融危機の裏の裏が明らかに!9.11、エンロン社破綻、そしてリーマンショックはなぜ起きたのか。
欲と権力の亡者たちが跋扈するウォール街で生きる若き日本人起業家を主役に、世界を震撼させた事件の裏側を暴く渾身の長編。

内容(「BOOK」データベースより) 
1998年、アメリカ経済は未曾有の繁栄に沸いていた。
だが自由放任主義下の市場では、規制も監視もない不透明な取引が蔓延しており、その危険性に気づく者はごくわずかだった。
これこそが、世界を巻き込む金融危機をもたらした最大の要因であった―。
欲と権力の亡者たちに支配され、巨大なカジノと化したウォール街で生きる若き日本人トレーダーを主人公に、サブプライム問題の裏側を暴く長編。

サブプライム問題
サブプライム危機―市場と政府はなぜ誤ったか (シリーズ・現代経済学)

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 4,002

発売元:ミネルヴァ書房  発売日:2010-10-01
  

サブプライム問題
論争!経済危機の本質を問う―サブプライム金融危機と市場の高質化

新品価格 ¥ 1,296

中古価格 ¥ 16

発売元:慶應義塾大学出版会  発売日:2009-08-01
  

サブプライム問題
サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 (宝島社新書 254)



中古価格 ¥ 1

発売元:宝島社  発売日:2007-11-09
  

へぇ〜 評価
サブプライムローンが 数年前すごいニュースで取り上げられていたとき 自分でしらべて理解しようとしましたが難しくてあいまいなままでした。
先日たまたまブックオフでこの本を見かけ 安かったので購入して読みましたが 経済金融にほとんど知識のない高校卒業したばかりの私でも おもしろいと思いました。
分かりやすかったです。
経済って本当に複雑ですね...もっと勉強しようと切実に思いました。

おもしろかったです 評価
よくあるブログ本とは違って、ブログの内容のそのままコピーではありません。
ブログの内容を踏まえつつ、新しく書き起こした文章です。
ただし、字数制限の問題か、読者の理解のためか(これは著者自身があとがきでおっしゃってますね)、ブログよりも内容が少し薄い感じになっています。
この内容に興味を持った方は、これを読んでから、更に著者のブログを読むと、いろいろなデータが見れておもしろいかもしれません。

サブプライム問題
道具としてのファイナンス

新品価格 ¥ 2,592

中古価格 ¥ 1,626

発売元:日本実業出版社  発売日:2005-08-25
  



サブプライム問題
誰も知らない金融危機 LIBOR消滅

新品価格 ¥ 2,592

中古価格 ¥ 2,164 (定価の16%引き) 残り8個

発売元:日本経済新聞出版社  発売日:2019-03-20
  

サブプライム問題
金融危機と対峙する「最後の貸し手」中央銀行: 破綻処理を促す新たな発動原則の提言:バジョットを超えて

新品価格 ¥ 5,940

中古価格 ¥ 4,050

発売元:勁草書房  発売日:2018-08-29
  

サブプライム問題
次なる金融危機

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 368

発売元:岩波書店  発売日:2018-05-26
  

サブプライム問題
日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業 (講談社現代新書)

新品価格 ¥ 864

中古価格 ¥ 1

発売元:講談社  発売日:2018-04-19
  

サブプライム問題
ガイトナー回顧録 ―金融危機の真相

新品価格 ¥ 4,320

中古価格 ¥ 1,965

発売元:日本経済新聞出版社  発売日:2015-08-22
  

サブプライム問題
熱狂、恐慌、崩壊 (原著第6版) 金融危機の歴史

新品価格 ¥ 3,888

中古価格 ¥ 2,877

発売元:日本経済新聞出版社  発売日:2014-09-19
  

恐慌の歴史。一読の価値あり。 評価
歴史上のバブルを、その発生から破たんへというステップごとに説明しています。
そういう構成ですので、同じ事例が何度もくりかえし記述される。
章ごとに視点が異なるとはいえ、ややくどい感じがするのは否めません。
とはいえ、歴史をさかのぼってこれだけの事例を蓄積するのは容易なことでなく、手元において参照してみるだけの価値はあると思いました。
いまの中国は、6章から7章に移行するくらいの段階だろうか?などと考えてみるのも面白いです。
危機に際して金融機関を救済すべきでしょうか。
現在の混乱拡大防止と将来のモラルハザードがジレンマになる。

サブプライム問題
国家は破綻する――金融危機の800年

新品価格 ¥ 4,320

中古価格 ¥ 2,000

発売元:日経BP  発売日:2011-03-03
  

破綻のね 歴史は繰り返 されるんだ 評価
1.内容公的対外債務危機も、国内債務のデフォルト(債務不履行)も、銀行危機も、すべて以前から繰り返されてきたことであり、「『今回はちがう』」(目次参照)ということはなかったということを、豊富なデータを用いて明らかにした本。
「国も銀行も、個人も企業も、大好況期が永久に続くはずもないのに、後々の危険を十分認識しないまま、景気のいいときに過剰に借り入れる習慣を繰り返してきた」(p12)結果、景気が後退局面になると、デフォルトをしたり、インフレ(貨幣価値下落)になったりする。

今回は違う(This Time Is Different)という経済論への批判 評価
国家の財政破綻に関して、「こういう特殊要因があるから今回は大丈夫だ(TThis Time Is Different; 原題)」という言説を撒き散らす学者とメディアに対して、冷静に、過去のデータの積み上げから、様々な条件下で過去国家は破綻(デフォルト)を起こし、それによって経済的にどのような影響を受けたか(主にインフレ率と利子率に関して)を、世界史的な時間軸と地域軸で俯瞰できる大著です。



サブプライム問題
リーマン危機10年後の世界経済とアベノミクス

新品価格 ¥ 1,201



発売元:本の泉社  発売日:2019-08-05
  

サブプライム問題
習近平の敗北 - 紅い帝国・中国の危機 -

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 1,119 残り7個

発売元:ワニブックス  発売日:2019-06-05
  

サブプライム問題
天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す(下) 偶然を支配した男のギャンブルと投資の戦略

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 1,415 (定価の27%引き) 残り8個

発売元:ダイヤモンド社  発売日:2019-04-04
  

サブプライム問題
PRINCIPLES(プリンシプルズ) 人生と仕事の原則

新品価格 ¥ 4,320

中古価格 ¥ 4,022 (定価の6%引き)

発売元:日本経済新聞出版社  発売日:2019-03-21
  

サブプライム問題
危機感なき茹でガエル日本-過去の延長線上に未来はない

新品価格 ¥ 1,728

中古価格 ¥ 540 (定価の68%引き)

発売元:中央公論新社  発売日:2019-03-16
  

サブプライム問題
科学立国の危機: 失速する日本の研究力

新品価格 ¥ 2,808

中古価格 ¥ 1,762

発売元:東洋経済新報社  発売日:2019-02-01
  

サブプライム問題
経済理論の終焉 金融危機はこうして起こる (ウィザードブックシリーズ)

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 2,350 (定価の22%引き)

発売元:パンローリング株式会社  発売日:2019-01-25
  

サブプライム問題
ヘッジファンドのアクティブ投資戦略―効率的に非効率な市場

新品価格 ¥ 5,184

中古価格 ¥ 4,407 残り7個

発売元:きんざい  発売日:2018-12-27
  

サブプライム問題
日本経済2020年危機 経済学の「嘘」が日本を滅ぼす

新品価格 ¥ 4,150

中古価格 ¥ 3,450 残り9個

  発売日:2018-10-05
  

サブプライム問題
グローバル金融危機の衝撃と新興経済の変貌: 中国、インド、ブラジル、メキシコ、東南アジア

新品価格 ¥ 4,104

中古価格 ¥ 6,906 残り3個

発売元:ナカニシヤ出版  発売日:2018-08-31
  

サブプライム問題
危機の中のEU経済統合

新品価格 ¥ 3,240

中古価格 ¥ 1,998 残り7個

発売元:文眞堂  発売日:2018-04-16
  

サブプライム問題
世界第3位のヘッジファンドマネージャーに 日本の庶民でもできるお金の増やし方を訊いてみた。

新品価格 ¥ 1,404

中古価格 ¥ 57

発売元:朝日新聞出版  発売日:2017-10-06
  

サブプライム問題
国宝消滅

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 126

発売元:東洋経済新報社  発売日:2016-02-19
  

サブプライム問題
図解入門ビジネス最新投資ファンドの基本と仕組みがよ~くわかる本[第3版] (How‐nual Business Guide Book)

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 1,150

発売元:秀和システム  発売日:2014-07-29
  

サブプライム問題
オルタナティブ投資入門―ヘッジファンドのすべて

新品価格 ¥ 3,672

中古価格 ¥ 1,940

発売元:東洋経済新報社  発売日:2013-03-01
  

サブプライム問題
ヘッジファンド―投資家たちの野望と興亡〈1〉

新品価格 ¥ 2,052

中古価格 ¥ 350 (定価の82%引き)

発売元:楽工社  発売日:2012-02-01
  

ヘッジファンドの歴史を知るにはうってつけ 評価
ヘッジファンドの始祖はソロスだと思っていたが、本書によるとそうでは無いようだ。
史上初のヘッジファンドであるウインスロー・ジョーンズから始まり、日本売り宣言で知られるアインホーンに至るヘッジファンド達の生き様を追ったノンフィクション。
上下二巻の上巻の様だ。
各章原則として一人ずつについて時系列に取り上げている様だが、ソロスの様な大物や息の長い者は複数の章に登場する。

発売元のレビュー
中古品の為キズ、汚れがあります。
また、1ページ(3行)書き込みあり。



サブプライム問題
ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理

新品価格 ¥ 2,700



発売元:日本経済新聞出版社  発売日:2019-07-20
  

サブプライム問題
元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 943

発売元:ダイヤモンド社  発売日:2018-11-15
  

サブプライム問題
損をして覚える株式投資 (PHP新書)

新品価格 ¥ 1,620



発売元:PHP研究所  発売日:2016-09-12
  

サブプライム問題
さっさと不況を終わらせろ (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

新品価格 ¥ 886

中古価格 ¥ 2

発売元:早川書房  発売日:2015-02-05
  

サブプライム問題
世界一やさしい 株の教科書 1年生

新品価格 ¥ 1,598

中古価格 ¥ 1,655

発売元:ソーテック社  発売日:2014-12-04
  

入門書としてまた再入門書としても最適 評価
株を触るようになって3年程度ですが、今一つ成果が上がらない中で基本的なところの知識とテクニカル分析が出来るようになりたいという思いから何かわかりやすく実践に沿った形で明確にここで買う、ここで売るその理由は・・・とロジックが示された本がないかと探していた時に書店で出会った1冊です。
内容は期待通りのもので、こうやってプロは売り買いのポイントを見ているのかと言うのがわかりやすく紹介されていました。
株を始めたばかりの入門者はもちろんのこと、私のように株を取り扱って数年経つが経ち、ローソク足の見方やネット証券での売買方法(指値・成行き、逆指値注文)など基本的な部分は問題なくこなせるが、テクニカル分析・ファンダメンタル分析に関しての知識や指標の見方がわからず、いまいち成果が表れないという方にはお勧めだと思います。

サブプライム問題
「感動」に不況はない アルビオン小林章一社長はなぜ広告なしで人の心を動かすのか (講談社+α文庫)

新品価格 ¥ 810

中古価格 ¥ 2

発売元:講談社  発売日:2014-07-23
  

サブプライム問題
不況を勝ち抜く予算管理ガイドブック

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 2,144

発売元:中央経済社  発売日:2012-12-12
  

予算管理の基礎理解と現代の課題に改めて気づきを与える良書 評価
予算管理が生まれて100年経つにもかかわらず予算の基本的な手法がほとんど変わっていないという状況を踏まえて、現代の激しい経営環境に対する課題と対応策を、さまざまな事例や手法をもって説明している。
なぜABCやBSCが日本で普及しなかったかの批判はとても的を得ている。
また、戦略的思考をもって予算管理をダイナミックに捉える視点も今までにない新しい発見をさせてもらった。
経営環境の激変を前提とした予算管理のあり方を改めて考えさせられた。

予算管理本にして予算管理本にあらず 評価
タイトルから、「予算管理に関するガチガチの堅い本」というイメージがあったが、読んでみると案外そうではなかった。
前半はいわゆる、予算管理の基礎的なフレームワークの概要説明が中心であったものの、後半は事業ポートフォリオマネジメントやリスクマネジメント、KPIマネジメント等、戦略コンサルティングの現場でしばしば活用されている生々しい視点が満載であった。
単なる予算管理の手法に特化した本だと思うと少々面食らう。
戦略に基づく予算管理、戦略と実行プロセスとを整合させる手段としての予算管理と読み解くと、非常に納得感が高い良書だと思う。

サブプライム問題
億万長者の不況に強いセールス戦略―ダン・S・ケネディの”屁理屈”なし実戦ビジネスMB

新品価格 ¥ 3,700

中古価格 ¥ 1,473

発売元:ダイレクト出版  発売日:2010-09
  

「不況でも売れるようになるにはどうしたらいいか?」分かる 評価
「好況なら誰でも売れるが、不況でも売れるようにはどうするか?」ということについて、色々な角度から懇切丁寧に書かれてあります。
ダン・ケネディ流の売れるようになるための工夫の数々が、これでもかと詰め込まれています。
基本的な態度から、売れるためにどんな資料を用意したり、事前準備をしたり、仕掛けをしていけばいいか、具体的に教えてくれます。
使える所が一杯あって、アンダーラインが一杯になりました。
全ての販売に関わっている人、営業マンや経営者は必読の書だなと思いました。

必要とされる営業マン? 評価
必要とされる営業マンか?いらない営業マンか?がわかる本ですね!営業マン必見の本です!!!

発売元のレビュー
どうすれば、「必要とされる」営業マンになれるのか?この本「億万長者の不況に強いセールス戦略」で語られているメインのテーマです。
これは、[アポの取り方]を教えるようなものではありません。
高度なセールストークや心理学のテクニック集でもありません。
[足を使え!][モチベーションを上げろ!]などという、精神論、根性論でもありません。
著者は、ダン・ケネディ。
営業マンとして大成功した後、彼はその営業ノウハウを世に伝えるビジネスをスタートしました。
そしてそのノウハウを使った営業マンや起業家が、次々に億万長者になったので、彼のことを「億万長者メーカー」と呼ぶ人もいます。

サブプライム問題
億万長者の不況に強いビジネス戦略―ダン・S・ケネディの”屁理屈”なし実戦ビジネスMB

新品価格 ¥ 1,696

中古価格 ¥ 84

発売元:ダイレクト出版  発売日:2010-07
  

起業家の現実が書いてある、その対処法も 評価
定価4000円のビジネス書です。
けっこう分厚く内容が多い。
著者は広告・マーケティングに強いダンケネディ氏であるが、本書はわりとビジネス全般について語ってくれている。
自営業・起業家向け。
本書の随所にやたらと関連サイトや関連書籍を紹介してくるが、その売りの強さが彼を彼たらしめていると納得するしかない。
その売りの強い姿勢を学ぶべきである。
ひとつでもヒントを得て実行してやるぞ!と気合を入れて読まないと、ただ漠然とだらだら眺めてもたぶん得られるものはないとおもう。
彼はあくまで職業コンサルタントであるが、彼自身どれだけ厳しい基準を自分に課しているか?を目の当たりにする。

発売元のレビュー
世界No.1の「億万長者メーカー」が書いた経営戦略のバイブル!

サブプライム問題
株式投資 第4版

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 2,750

発売元:日経BP  発売日:2009-07-23
  

ほとんどのデーターを2006年まで更新 評価
3版と違う点1、ほとんどのデーターを2006年まで更新されている。
3版では2001年まで。
2、新しい章が追加されています。
第4章S&P500指数――半世紀にわたる米国企業の歴史特にP62のS&P500構成の利回り上位20社1957~2006年12月は必見です。

サブプライム問題
不況を乗り切る5つの方策 (CD付)

新品価格 ¥ 1,296

中古価格 ¥ 178 (定価の86%引き)

発売元:サンマーク出版  発売日:2009-06-22
  

今やバイブル 評価
内容は中学生でも理解出来るレベルであり、当たり前の経営論である。
30分で読み終えてしまうほど量は軽い。
しかし、購入後3日で5回読んだ。
こんな本は初めてだ。
今の不況にあえぐ中小企業経営者(私自身もそうであるが)として、藁にもすがる思いで手にした薄っぺらい本がこれほど自分の中でバイブル化するとは思いもしなかった。
初めて本屋で立ち読みしたときは失望して買わずに立ち去った。
その後いよいよ数名の社員を解雇せざるを得ない状況に追い込まれたときにふと本書の事を思い出した。
購入して読み返した瞬間、何かが大きく私を打った。

今後の日本を考える。 評価
稲盛和夫さんの講演録です。
CDが付いていてというのは相当安いと思います。
稲盛さんがオイルショックを乗り切った話を中心に、不況に対する心構えを説いてくれます。
要諦は、やはり、ノウハウや手法の問題ではなく、心のあり方、理念の持ち方。
最終的には、それしかないようです。
ただ、どうしても想像しにくい部分がありました。
それは、景気が回復することを前提に今を耐えきるという姿勢です。
本当に景気は回復するのだろうか。
少子高齢化、物質的欲望の充足、国民資産を超えつつある国債総額。
国内では、景気が回復する要素を見いだす方が難しいと思うのです。

サブプライム問題
マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾―一番売れている株の雑誌ZAiのNo.1人気連載が待望の単行本化!

新品価格 ¥ 1,728

中古価格 ¥ 921

発売元:ダイヤモンド社  発売日:2009-03-27
  

マンガなので、理解しやすく、ストーリー展開もあって、一気に読めます。 評価
8,000円台に持ち直したものの、まだまだ株安が伝えられている中で、久しぶりに株式投資をしよう、そのために手っ取り早く勉強できる本をと思っていたところ、本書を手に取りました。
正直期待以上の内容でした。
・マンガ自体が面白いので、数時間で読了できる・(女子高生を相手に教師が教える設定ということもあって)たとえ話が分かりやすい・イラストが豊富、丁寧に書かれており、1ページ毎の情報量が厚い(304ページあるのに)・各話の最後にある補習授業ページで理解度を深められる女子高生が20万円の資金から株式投資を始めるという設定のため、初学者にも入りやすく、ただ投資のプロの世界のことについて書かれた内容も多々あり、一般投資家が安易に行ってはいけない、リスクの部分にもしっかりと触れられているので、この本1冊を読み返して勉強すれば、かなり基本的な部分は学習できるのではないかと思います。

サブプライム問題
史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 1,119

発売元:徳間書店  発売日:2009-03-19
  

投資の神様のBSの読み方 評価
バフェット自身が書いた本ではないです。
義理の娘(息子の奥さん)が書いた本です。
しかし読む価値は十二分以上にあります。
噛み砕いてあって、非常に解り易いです。
近視眼的でないバランスシートの読み方は非常に参考になります。
私は今はもう株の長期投資は殆どしないですが、それで財を築いたバフェットはすご過ぎますし、この本は読んでいて参考になります。
自分の目指す方向はシステムトレードで、これまでもずっとその方向でやってきて、読む本もプログラム言語関係かシステムトレード関連だったのですが、バフェットだけは別格です。
長期投資をする人以外にも、投資する人だけでなく投機する人も合わせて、全員読んだほうが良いと思います。

コンパクトにまとまてます 評価
バフェット先生自らの書ではない所が、少し減点ものでしょうか。
損益計算書、貸借対照表からの 優良企業の見分け方を バフェット流にレクチャー コンパクトにまとまってますのでよろしいかと

サブプライム問題
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

新品価格 ¥ 2,376

中古価格 ¥ 1,700

発売元:日経BP  発売日:2005-11-23
  

実際の増益率と投資家の期待との格差 評価
「株式の長期的なリターンは増益率そのものではなく、実際の増益率と投資家の期待との格差で決まる。
」 いい言葉でなんかの本にも似たような事が書かれていましたがすっかり忘れていました。
(^_^;) 増収増益が期待されている、もしくは将来性十分な株は投資家が元々期待して買っているため割高で配当利回りも低いため、配当金を再投資できる金額が少ない。
投資家の期待が低ければ配当利回りも高く、再投資できる金額も多い。
結果、複利の効果で何十年後かにリターンの差が大きくなるとのこと。
(たしかこんな内容だったはず・・) 簡単に言うと「(黄金銘柄)高配当の株を買って配当金を再投資」を続けるってことです。

実証研究を踏まえた名著、配当・国際・バリュエーション重視 評価
本書は、長期投資の観点から、株式で平均以上のリターンをあげる方法を解説しています。
印象に残った点は、以下のとおりです: 1.米国株の代表的指標であるS&P500の構成銘柄を50年間にわたって追跡し、成長企業は過大評価されることが多いので、投資家にとってのリターンが低くなることがあるという「成長の罠」を紹介しています。
例えば成長性から見てIBMに劣るスダンダード・オイルのほうが、株主にとっては高いリターンをもたらしたデータが示されています。
2.ハイテクバブルなど、株式市場にはバブルが必ず発生しますが、バブルに乗せられて株を高値掴みしないための秘訣を解説しています。



PART_SPRAY_LINK

ホーム:よろしーく Version:PART_PAGE_VERSION